• エネルギーデジタル化の未来
  • ビジネスリノベーションの教科書
  • これからの電力業界
  • 法人営業戦略の教科書
  • 中丸
  • 小泉

アイピーアトモス 座間の補助金ブログ

日刊工業新聞ビジネスリーダーズアカデミーが 提供する、経営改革に必要な情報満載のサイトです。 各種経営のプロがあなたの疑問にお答えします。 無料の小冊子など、役立つノウハウが満載。

アイピーアトモス 座間の補助金ブログ記事一覧

目まぐるしく変わる事業再構築補助金の制度

このところ事業再構築促進事業の話題があちらこちらで聞かれます。1兆円を超える予算額、一企業に与えられる補助金額の大きさなどか募集前からたいへん人気が高く関心を呼んでいます。この制度はウィズコロナ、ポストコロナの経済社会に生き残るために思い切った事業の見直しをしようという企業を支援するというものです。...

≫続きを読む

 

コロコロと規則が変わるものづくり補助金〜日頃のチェックが欠かせない〜

先日、公募が終わったばかりのものづくり補助金ですが、決まり事が目まぐるしく変わり、ネットで注意しておかないと見逃してしまいます。前回の第4次公募では3週間ほど締切が延びました。これは「5次公募ではコロナ特別枠の予算がなくなるので、4次公募で申請せよ」と締切を延ばしたものでしょう。今回の第5次公募でも...

≫続きを読む

 

事業再構築補助金の公募が開始したが…

中小企業等事業再構築促進事業の公募がようやく3月26日に始まりました。締め切りは4月30日です。さて、公募要領で目新しいのが審査項目でしょう。特に事業化点、再構築点、政策点が重要ですが、いろいろと突っ込みどころが満載です。事業化点のCには、「現在の・・・強味を活用することや既存事業とのシナジー効果が...

≫続きを読む

 

関心の高い【事業再構築促進補助金】 公募はいつか?

なんだか補助金に関する行政の行動が遅れているような気がします。ものづくり補助金第5次募集は2月2日から19日までが電子申請の入力期間となっていましたがこの原稿を書いている2月9日になっても入力できず、ものづくり補助金サイトでは「5次締切の電子申請開始を延期します。準備が整い次第ご案内しますので今しば...

≫続きを読む

 

ものづくり補助金第6次締めはあるか?

ものづくり補助金の申請に向けて現在作業を進めているのは2月19日(金)17次締切の令和元年度・二年度ものづくり補助金の第5次締めだと思いますが、早くも第6次の話が巷ではでています。当初ものづくり補助金、小規模事業者持続化補助金およびIT導入補助金を合わせて3600億円の予算が組まれました。事務局経費...

≫続きを読む

 

ものづくり補助金第5次締切分情報

昨年12月18日に第4次のものづくり補助金の申請が締め切られましたがその後すぐに第5次分の公募が開始されました。締め切りは2021年2月19日(金)17時です。17時と細かく刻んでいますが電子申請のため、その時刻になると申請作業がシャットダウンされてしまうのでしょう。さて、第5次締切分の内容はこれま...

≫続きを読む

 

2021年のものづくり補助金 その他の補助金

今年も間もなく終わりますが来年のもの補助、そしてその他の設備投資向け補助金の様子がだんだん見えてきました。東京都の大型設備投資向け助成金は例年通り、名前は変わりますが二つの事業が実行されます。<東京都の大型設備投資助成金>【明日にチャレンジ中小企業基盤強化事業】受注型中小企業競争力強化支援事業が名前...

≫続きを読む

 

ものづくり補助金は来年も続くか

<経産省の予算要求から>経済産業省の予算要求を見てみるとどうやらそれはないようです。「令和3年度地域・中小企業・小規模事業者関係の概算要求のポイント」には「中小企業生産性革命推進事業」として3600億円の概算要求がされています。これは「設備投資、販路開拓、IT導入を行い中小企業の生産性向上に資する継...

≫続きを読む

 

ものづくり補助金 審査厳格化?

ものづくり補助金の第4次募集の締切が延長され12月18日(金)17:00となりました。17:00と時刻まで設定されているので、その時刻になったらピタッと受付がシャットアウトされます。今年からすべて電子申請になったので1秒でも時間を過ぎたら受付できないと考えましょう。電子申請は、なれないとログインに時...

≫続きを読む

 

ものづくり補助金、申請締切が突如延長。コロナ枠は最終回

第4次公募のものづくり補助金の申請期限が突如延長されました。元々11月26日(木)の夕方5時が締切でしたが12月18日(金)の同じ時刻に延長されました。この理由はコロナ枠の予算がなくなってきたからです。コロナ枠というのは今回のことで仕入先がなくなったなどのサプライチェーンが毀損した場合に仕入先に頼ら...

≫続きを読む

 

ものづくり補助金、忘れてならない制度の目的

ものづくり補助金は他の補助金と異なり具体的な審査基準がかなりくわしく示されています。たとえば、技術面の審査項目として「試作品・サービスモデル等の開発における課題が明確になっているとともに、補助事業の目標に対する達成度の考え方を明確に設定しているか」という記述があります。この考え方を念頭において事業計...

≫続きを読む

 

補助ものづくり補助金の採択率は??

ものづくり補助金は事業計画の評価順で採択されるものづくり補助金は、申請資格を満たした企業が書式にもれなく記入して提出すれば必ずもらえるというわけではありません。事業計画の優秀性が高い方から順番に採択されるからです。ものづくり補助金の採択率(入学試験でいうところの合格率)がどのくらいあるのか気になると...

≫続きを読む

 

ものづくり補助金いくらまで貰える?補助率は?

ものづくり補助金は最大1千万円まで交付され、補助率は2分の1が基本となります。つまり、申請企業が1,500万円(税抜き)支払うと補助金が1,000万交付されます。過去一回だけ最大1,500万円という年もありましたが現在では補助率2分の1、上限1千万円が基本です。ただし、申請内容により、補助率や補助金...

≫続きを読む

 

第4次ものづくり補助金のポイントとその他の設備投資補助金(東京都の補助金)

令和になり新制度として始まったものづくり補助金もすでに三次締めまで終了し、今は11月26日17時締切の第四次募集期間中となっています。ところで今年のものづくり補助金の採択を目指すためには加点、すなわち採点の際に上乗せして採点される項目へ対応することが大切です。4次募集ではどんな加点項目があり、それを...

≫続きを読む

 

ものづくり補助金でGビズIDがとれない場合はどうすればよい?

5月20日(水)の17時締切りの「ものづくり補助金二次募集」に限ってはGビズIDが取得できていない場合、サイトにアクセスすれば取得できるアカウントで申請できるようになりました。本来は、GビズIDプライムアカウントという、補助金申請用のIDでログインします。しかし今回に限り、サイトにアクセスすればその...

≫続きを読む

 

ものづくり補助金コロナ対策枠の注意点

前回に引き続きものづくり補助金の特別枠申請についてお知らせです。「今年のもの補助はコロナ対策のための特別枠ができた。」という情報が広く知れ渡ってきましたが、それに関してどうも勘違いしている人が多いようです。つまり、当初の「一般型」、「グローバル展開型」、「ビジネスモデル構築型」という申込み枠の他に「...

≫続きを読む

 

ものづくり補助金のコロナ対策の特別枠のメリットとは

5月20日(水)の17時に締め切られるものづくり補助金の第二次募集、4月10日に突然「特別枠」というものが追加されました。いわゆるコロナ対策制度です。新型コロナウィルス対策としてはたいへん多くの公的資金が投入されています。テレワーク用のパソコンの購入費用を全額補助する東京都のテレワーク補助金、政府系...

≫続きを読む

 

補助金に購入した設備に固定資産税はどうなる?

ものづくり補助金の第二次締め切りが発表されました。5月20日(水)の17時です。申請の受付開始が4月20日(月)17時、この日のこの時刻から電子申請システムによる受付が開始されます。そして翌月20日の17時ぴったりで入力が不可能となります。電子申請を行うためのアカウント取得は早めに行っておくことを勧...

≫続きを読む

 

もらった補助金に税金がかからない圧縮記帳※の効果とは

融資と違って返済しなくてもよい補助金。ところでもらった補助金に税金はかかるのでしょうか。「まさか会社にあげたお金から税金をとることなんてしないだろう。」と思っているあなた。残念でした。会社にあげたお金であってもちゃんと課税されます。例えば2000万円の機械を購入するのにその半分1000万円の補助金が...

≫続きを読む

 

補助金の審査とは  〜審査する側の心理状態〜

早いもので来週からはもう3月です。ものづくり補助金の公募もそろそろ開始されるでしょう。さて、このブログでは補助金について色々と書いてきましたが、経済産業省系の補助金は審査があります。どのような審査があるかは補助金ごとに異なりますが、大筋では以下の点で似通っています。1. 審査する人は業界の素人審査す...

≫続きを読む

 

何が変わる?2020年ものづくり補助金

今年のものづくり補助金の募集の様子がすこしずつ見えてきました。今までの情報から、申請方法や審査の視点がこれまでとはかなり変わるようです。主な変更点は次の通りです。@ 電子申請のみの受付になるA 通年募集・複数回締切になるB 賃金アップを重要視している<電子申請>電子申請自体は過去の募集でもありました...

≫続きを読む

 

補助金をもらうために必要なこと

補助金は申請すれば必ずもらえるものではありません。特に経済産業省関連の補助金は競争率の高いものが多く、申請書が厳しく審査されるため補助金の採択率は低めです。例えば、ものづくり補助金の採択率は年度により異なりますが、30〜50%の幅の範囲です。採択率が1割程度の時もありました。そのため、高い品質の申請...

≫続きを読む

 

補助金を申請できる会社の条件の注意点

基本的に補助金の多くは中小企業であれば申請できます。場合によっては個人だったりNPO法人だったりでも申請することが可能です。では、「中小企業」とはどんな企業でしょうか。これには明確な判断基準があります。中小企業基本法という法律により「中小企業者」の定義が以下のように定められています。製造業、建設業、...

≫続きを読む

 

補助金の種類と募集開始時期を知る

補助金をもらうためには、補助金申請書を作成して、担当となる窓口に提出する必要があります。しかし、国や都道府県、市町村が公募している補助金制度は3000種類以上あると言われており、自社が利用できるものを見つけるだけでも一苦労です。しかしインターネットで検索することで、比較的容易に自社に合った補助金制度...

≫続きを読む

 

 ■ 新着News ■


Top 運営者情報 出張セミナー 無料経営相談 無料レポート その他 お問合せ