• エネルギーデジタル化の未来
  • ビジネスリノベーションの教科書
  • これからの電力業界
  • 法人営業戦略の教科書
  • 中丸
  • 小泉

座間 正信の「知財経営力」

日刊工業新聞ビジネスリーダーズアカデミーが 提供する、経営改革に必要な情報満載のサイトです。 各種経営のプロがあなたの疑問にお答えします。 無料の小冊子など、役立つノウハウが満載。

座間 正信の「知財経営力」

座間

座間 正信
 /  株式会社アイピーアトモス

 

当社は特許を活用した新商品開発を主業務としているコンサルティング会社です。主な対象は製造業の方ですが、新たなものづくりやサービスの開発を目指す製造業以外の方に対しても支援をさせて頂いております。

 

当社は、単に新たな開発商品を特許で保護するというのではなく、新商品のアイデア段階から参画いたします。そして、どのような工夫をすれば売れて儲かる商品が開発できるかを、企業の強み、市場の機会、アイデアに関する特許情報、市場における類似商品、今後の成長分野など幅広い視点からのアドバイスを行います。すなわち、技術情報、特許情報、マーケティング情報などを組合せながら儲かる商品つくりを目指します。

 

また、商品が完成した後には情報発信のための説明資料やニュースレター、事例紹介などの作成支援も行います。さらに、事業として成長するための事業化計画の策定や助成金取得の支援も行いながら企業様の成長に貢献いたします。

 

特許を活用した新商品開発に特化したコンサルタント。
昭和電工梶Aデュポン鰍ノ在籍中、多数の新商品の立上げに従事。

 

独立後に100 社以上の製造業における新商品開発に関わった経験から「特許」「技術」「マーケティング」「経営戦略」を組み合わせた新たなスタイルの「戦略的新商品開発プログラム」を開発。

 

現在「会社に眠っている特許・技術」や「活用されていない強み」を掘り起こして売れる新商品の開発、稼げる新事業立ち上げのための具体的な指導をしている。
「製造業の新商品開発を促進することでさらなる企業の成長に貢献したい」という強い思いのもと、コンサルティング会社「株式会社アイピーアトモス」を設立。現在、同社代表取締役。(弁理士、中小企業診断士)

 

 

座間 正信の「知財経営力」記事一覧

グローバル化について考える(1)

グローバル化している知財、グローバル化をしたい経営知財はグローバル化しています。知財(特に特許)は世界基準という考え方をします。世界基準とは、「日本では新規性や進歩性があっても他の国に行くとすでに知られている技術は特許として認めない」、というものです。また、PCT出願と言って、一つの特許出願で同時に...

≫続きを読む

 

知財経営力とはなにか

知財経営力とはなにか簡単に言うと「知財を経営に活かしましょ」ということです。「『知財を経営に活かす』ってどういうこと?」とは誰しもが思うことです。じつは、「知財」と「経営」とはその目的とするところが違います。「経営」の目的は、ものすごく平たく言うと、お金儲けです。「経済なき道徳は寝言である」と昔の偉...

≫続きを読む

 

コスト削減の正しい進め方

コスト削減はコスト構造を知ることから始める一口に「コスト」といいますが、人件費もあれば広告宣伝費や製造経費など中身は様々です。要は「金がかかってしょうがないからもっとコスト削減して利益を出したい」ということなのでしょう。しかし、単純にコストを削減するととんでもないことになります。贅肉を落とそうとして...

≫続きを読む

 

 ■ 新着News ■


Top 運営者情報 出張セミナー 無料経営相談 無料レポート その他 お問合せ