プレゼン・広告等で著作権侵害をしないための注意点『倒産』と『破産』の相違点とは?(コピー)

  • ビジネスリノベーションの教科書
  • 法人営業戦略の教科書
  • 中丸
  • 小泉

プレゼン・広告等で著作権侵害をしないための注意点『倒産』と『破産』の相違点とは?(コピー)

日刊工業新聞ビジネスリーダーズアカデミーが 提供する、経営改革に必要な情報満載のサイトです。 各種経営のプロがあなたの疑問にお答えします。 無料の小冊子など、役立つノウハウが満載。

プレゼン・広告等で著作権侵害をしないための注意点

 

社内外でのプレゼン資料やランディングページの広告等において、第三者の手による写真、イラスト、文章等を使用する際は、著作権を侵害しないかが気になるところです。

 

他人の著作権を侵害してしまうと、場合によっては、著作権者に対する損害賠償責任や刑事責任を負う可能性もあります。

 

さらに会社としての評判を大きく損なうことにもなりかねません。

 

そこで今回は、著作権侵害をしないための注意点について、押さえておきたいポイントを説明します。

 

続き(全文)を読む
https://mi-g.jp/mig/trigger-article/detail/id/1149?office=2ZPyREJhOt8=

 

著者

小野 智博


小野 智博
 / 弁護士法人ファースト&タンデムスプリント法律事務所

海外展開成功に必要な@販路を開拓、A拠点を開設、B海外企業と交渉して契約を結び、C現地法人を運営・管理、同時に、Dコンプライアンス対策を行う…これらの業務を日本からワンストップで実現をサポート。

 

東京都千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館20階
03-4405-4611
https://pm-lawyer.com/

 

 


Top 運営者情報 出張セミナー 無料経営相談 無料レポート その他 お問合せ