• ビジネスリノベーションの教科書
  • 法人営業戦略の教科書
  • 中丸
  • 小泉

6か月で近未来のビジネスを創造しし、役に立つと確信できる技術開発・知財化を進める具体的な方法

日刊工業新聞ビジネスリーダーズアカデミーが 提供する、経営改革に必要な情報満載のサイトです。 各種経営のプロがあなたの疑問にお答えします。 無料の小冊子など、役立つノウハウが満載。

【知財活用・事業創造セミナー】

6か月で近未来のビジネスを創造し、

役に立つと確信できる技術開発・知財化を進める具体的な方法

【概要】
ものづくり企業・IT企業では、知財は必要不可欠ではあるものの、活用できている会社は少ない。虎の子の技術を製品化したらマネされてしまったという事例は多々ある。

 

しかし中には、活用出来ている事例は多数ある。彼らは何が違うのか?
本セミナーでは、こうした先進企業のケースを通じて、新規事業と知財の関係を整理し、経営者・知財担当がどのように事業に関わっていくかを考える。

 

本セミナーでは、仮想の事例を通じて実際の問題を考える。

 

【内容】
■ケースに学ぶ、先進企業は何が違うのか?

  •  建機メーカーの事例
  •  複写機メーカーの事例
  •  記憶媒体メーカーの事例
  •  研磨製品メーカーの事例

 

■先進企業に共通する事項を整理すると学べるポイントがある

  •  ビジネスモデルを選択している
  •  ビジネスモデルの選択肢の洗い出している
  •  選択肢を評価・検討している
  •  ビジネスモデルに合致した知財を取得している
  •  自社に当てはめて評価してみよう
  •  ビジネスモデルを考える体制はあるか?
  •  考案したビジネスモデルに応じた技術を誰が開発するのか?
  •  ビジネスモデルに合致した知財を誰が考えるのか?
  •  弁理士を正しく使うことができるのか?

 

■標準化をビジネスモデルに活かす

  •  標準化と事業への影響
  •  独禁法の制限と知財法の関係を概観しておく
  •  爆発的な普及を生み出すための標準化
  •  デファクト、デジュール、フォーラム標準の使い分け
  •  自社の取り分を確保するための知財
  •  何をどこまで標準化するべきか、その方法は? 

 

■仮想事例を通じたケース・ワーク
ケースワークでは、講師から仮想事例を提示する。受講者は具体的なビジネスモデルを複数考案する。それぞれのビジネスモデルを評価し、選択する。選択したビジネスに必要な技術要素と知財取得のあり方を考える。

 

【知財活用・事業創造セミナー】
6か月で近未来のビジネスを創造し、

役に立つと確信できる技術開発・知財化を進める具体的な方法

 

対 象   経営者、技術者、知財担当者
開催日時  2013年10月10日木曜 18:00-20:00
場 所   日刊工業新聞 東京本社 B1セミナールーム 
受講料   無料
定 員   10名程度
主 催   株式会社如水
※コンサルタント等、同業者の方のご応募はご遠慮ください。

 

【講師】

中村 大介/ 株@水

 

 

 

自ら気づき、自ら働き、自己実現する場所にするためには、社内ビジネススクールを開催するのが近道です。
100%の受講者が「自分が変わった」と回答し、
会社も変わると回答した社内ビジネススクールの
ユーザーの感想はこちらからご覧ください。
http://innovest.jp/b-school/voice/

 

 

 

新規事業開発の考え方、知財マネジメントの方法を開設したメールセミナーを開催しています。
無料です。是非登録してみてください。
あなたの会社が変わるヒントになるかと思います。
http://innovest.jp/mailseminar/


Top 運営者情報 出張セミナー 無料経営相談 無料レポート その他 お問合せ