• ビジネスリノベーションの教科書
  • 法人営業戦略の教科書
  • 中丸
  • 小泉

中小企業にこそ欠かせないブランド戦略、5つの要素とは?

日刊工業新聞ビジネスリーダーズアカデミーが 提供する、経営改革に必要な情報満載のサイトです。 各種経営のプロがあなたの疑問にお答えします。 無料の小冊子など、役立つノウハウが満載。

中小企業にこそ欠かせないブランド戦略、

5つの要素とは?

ブランドと言うと大企業のモノと思われがちですが、
むしろ中小企業にとってこそ重要な戦略になり得ます。

 

ブランドには資産としての価値がありますが、
資産の価値は時間の経過と共に変化していきます。

 

放っておいて資産価値が向上すれば良いのですが、
不動産ではないので価値が上がることはありません(笑)

 

そこで積極的に管理していくことが求められますが、
一体何を管理していけば良いのでしょう?
その要素は下記の5つになります。

 

@認知度
どれほど知られているか?

 

A知覚品質
お客様がどのように感じているか?

 

B連想・イメージ
該当するブランドについて思い浮かべることは何か?

 

Cロイヤリティ(忠誠心)
リピーターになっているか?

 

Dその他の資産
トレードマーク(商標登録)ほか

 

気を付けなければいけないのは、
目先の売上や利益だけを追っていては
ブランドの価値を高めることができないということです。

 

ブランドの価値を高めるには
長期的な視点で首尾一貫した取り組み
経営努力をしていかなければなりません。

 

例えば・・・
「@認知度」を上げるには、
広告など予算のかかることもありますが、
「B知覚品質」は従業員の対応や社員教育など
日々の努力で高めることが可能です。

 

「日々の努力をいかに徹底させるか」
という課題はとても重要です。
なぜなら・・・

 

 

「徹底の差が利益の差」

 

 

・・・となり、その「徹底の差」を積み重ねることが
「ブランドの構築」につながるからです。

 

このコラムが少しでもお役に立てればうれしく思います。
引き続き宜しくお願いします。

 

nakamarubannar2017

 


Top 運営者情報 出張セミナー 無料経営相談 無料レポート その他 お問合せ