• ビジネスリノベーションの教科書
  • 法人営業戦略の教科書
  • 中丸
  • 小泉

「急がば回れ」の経営〜経営は実行

日刊工業新聞ビジネスリーダーズアカデミーが 提供する、経営改革に必要な情報満載のサイトです。 各種経営のプロがあなたの疑問にお答えします。 無料の小冊子など、役立つノウハウが満載。

経営は実行

もう10年くらい前になるでしょうか。

 

とある経営者からの薦めで、『経営は「実行」』(ラリー・ボシディ/ラム・チャラン著)という本を読んだことがあります。

 

タイトルが鮮烈で、何となく覚えていました。
(ちなみにその方の会社は著しい業績を上げ続けています。今でも)

 

そうです。経営は「実行」です。

 

実行があって、初めて何かが生まれ、動き、会社の目的に近づくことが出来る。
顧客に貢献し、地域に貢献し、従業員に喜びを与え、経営者が満たされる。

 

考えているだけでは、何も生まれない。
意思決定しただけでは、会社は前には進まない。
計画だけでは、絵に描いた餅。

 

言うまでもありません。

 

ですが考えてみてください。

 

個人でも過去を振り返ってみると、「あれをやっておけば」ということは多々あります。
そして、その多くはその時に思い浮かび、しかし実行しなかった行動だったりします。

 

会社ではどうでしょうか?

 

もしかすると、同じように「あれをやっておけば」ということがありませんか?
そしてそれは、実はやると決めたことだったり、提案しようとしていたことだったりしませんか?

 

皆さん、実行できてますか?
そもそも、何を実行しようとしてますか?
それを実行しようと決意した背景には、何がありますか?
実行を決意した時、従業員の皆さんはどのように貢献してくれましたか?動いてくれましたか?
実行したら、取引先はどのような表情で迎えてくれますか?お客様は?

 

経営理念の空文化。
ビジョンの一人歩き。
「てこの原理」を無視するマネージャー。
主体性のない部下。
利益の上がらない事業。
苦しい資金繰り。 etc.

 

組織の力、出し切れていますか?
本当は、もっと実行できるのではないですか?

 

質問されて、どのようにお感じですか?

 

「唯一絶対の答え」なんて、もちろん存在しません。

 

ですが、あなたの答えはあなた自身の中に、必ず存在しています。

 

それを対話によって引き出すのが、我々「コーチ」の仕事です。

 

時間はかかるかもしれません。
教えてもらう答えにしがみつきたくなる時も、多分あると思います。
でも、自ら発見した自身の答えほど、実行に結び付くものはありません。

 

経営理論。私も少なからず知っています。経営学修士ですから。
経営実務。私も多少は知っています。経営していますから。
会計や税務。それなりに知っています。公認会計士・税理士ですから。

 

必要であれば、それらをお伝えすることはできます。
でもそれは、あくまであなたが求めれば、です。

 

それが、コーチングです。

 

「急がば回れ」。
まさに、コーチングにピッタリの言葉です。

 

 

※士業を中心としたプロコーチが集い、以下のブログを展開しています。

 

「コーチング・ガレージ」 https://ameblo.jp/coachinggarage2018/

 

私のほか、弁護士、中小企業診断士などがブログを執筆しております。

 

著者

塙健一郎

塙 健一郎 / 株式会社未来カ(みらいか)
渋沢栄一は「士魂商才」という言葉を残しています。欲は事業発展への必要条件かもしれませんが、その先にある本当の意味での満足感、幸福感は何から生まれるのか、それをクライアントの皆様と共に考え目指し、実りある関係を育んでいます。

 


Top 運営者情報 出張セミナー 無料経営相談 無料レポート その他 お問合せ