• ビジネスリノベーションの教科書
  • 法人営業戦略の教科書
  • 中丸
  • 小泉

「急がば回れ」の経営〜能力って、結局何なのでしょう?

日刊工業新聞ビジネスリーダーズアカデミーが 提供する、経営改革に必要な情報満載のサイトです。 各種経営のプロがあなたの疑問にお答えします。 無料の小冊子など、役立つノウハウが満載。

「急がば回れ」の経営。〜能力って、結局何なのでしょう?

こんにちは。

 

みなさん、”能力”って、結局何だと思いますか?

 

最近、改めて考えさせられました。

 

きっかけは、ある新人作家さんに出会ったこと。
昨年日経小説大賞を受賞し作家デビューした、赤神諒さんという方です。

 

お仕事で関わらせていただいている方ですが、発する一言が本当に刺さる。鋭い。
「この人、優秀だな」と感じさせる、そんな方です。

 

作家デビューしてほぼ1年ですが、すでに単行本4冊、文庫本1冊を出版しています。

 

そして、あくまで主観ですが、最新作が常に作者最高傑作。
(誤解なきようにですが、すべていい作品だと感じています)

 

言い換えれば、常に進化している。

 

そんな赤神諒さんですが、無事に作家デビューするまでは相当時間もかかり、挫折も味わったそうです。

 

その挫折をきっかけに、

 

〇毎日必ず〇〇字書く(何文字か伺ったのですが忘れてしまいました。結構な文量だったと思います。)
〇大好きなお酒も自宅では飲まない(作家デビューするまで)。

 

結構ストイックな時期を積み重ねたとのこと。
それも、何年も。

 

”熱意”、ですよね。

 

こんな方程式があります。

 

「人生・仕事の成果=考え方×熱意×能力」

 

京セラ稲盛さんの影響を受け、以前私が勤めていた会社も行動指針の一つに採用していました。

 

私は能力は変化すると考えますが、今やDNAで優劣の判定もできてしまう時代。
特定の分野についての覆しえない優劣は、厳然として存在するのでしょう。

 

でも、そんな能力は眠ったまま生かされない場合の方が多い。結局、熱意の強さには敵わない、そんな点を表現した方程式だと理解しています。

 

「GRIT〜やり抜く力」という本もあります。

 

やり抜く力。その根本になる熱意こそが、”能力”なのかもしれません。

 

でも、熱意を維持することは、皆さん実感されている通り、簡単ではありません。

 

ではどうすれば?

 

私のようなプロコーチの立場からは、是非、我々コーチを活用して欲しい。そう願います。

 

コーチは定期的なセッションを通じて、熱意の源になる思いや感情を呼び覚ますため力を尽くします。そこに「コーチである」ことの喜びを感じる。

 

何かを達成したいのでしたら、コーチも活用する。
他人の力を活用することもまた、”能力”かもしれません。

 

さて、赤神諒さんの最新作は「酔象の流儀 朝倉盛衰記」(戦国時代。越前朝倉家が題材)。

派閥の力、リーダーと部下、組織の盛衰、そんな観点からも読みごたえある作品だと感じます。

 

権威的な人物、関係構築に心を砕く人物、コーチ的に働きかける人物、保身に走る人物。絡み合った関係性。その中で抗えない大きな力。変われない組織。良くも悪くも絶対的なリーダーの影響力。

 

我々コーチだけではなく、組織でマネジメントに携わる方でしたら、組織力学を感じ取る上でもヒントになりそうです。

 

小説がお好きでしたら、お勧め致します。

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

※士業を中心としたプロコーチが集い、以下のブログを展開しています。

 

「コーチング・ガレージ」 https://ameblo.jp/coachinggarage2018/

 

私のほか、弁護士、中小企業診断士などがブログを執筆しております。

 

著者

塙健一郎

塙 健一郎 / 株式会社未来カ(みらいか)
渋沢栄一は「士魂商才」という言葉を残しています。欲は事業発展への必要条件かもしれませんが、その先にある本当の意味での満足感、幸福感は何から生まれるのか、それをクライアントの皆様と共に考え目指し、実りある関係を育んでいます。

 


Top 運営者情報 出張セミナー 無料経営相談 無料レポート その他 お問合せ