• ビジネスリノベーションの教科書
  • 法人営業戦略の教科書
  • 中丸
  • 小泉

「急がば回れ」の経営〜サステイナビリティとコーチング (大きいのはどっち?)

日刊工業新聞ビジネスリーダーズアカデミーが 提供する、経営改革に必要な情報満載のサイトです。 各種経営のプロがあなたの疑問にお答えします。 無料の小冊子など、役立つノウハウが満載。

「急がば回れ」の経営〜サステイナビリティとコーチング (大きいのはどっち?)

皆さんこんにちは。

 

しょっぱなから大きな話になります。
最近、SDGsって言葉を良く目にされませんか?

 

MDGsに続くコンセプトとして採択され、気付けば方々で目にするようになりました。

 

そしてそのコンセプトのベースにあるのが、サステイナビリティという考え方。「持続可能性」です。

 

企業経営の世界でも、CSR(企業の社会的責任)から発展し、CSV(クリエ―ティング・サステイナブル・バリュー=持続価値創造)のコンセプトが広がってきました。

 

社会的責任として援助や寄付ではなく、持続価値を創造する事業を生み出していく。本業で持続可能性を実現していく、という考え方です。

 

この根底にある考えを示すため、以下リンク先(弊社のホームページ)にクリス・ラズローというコンサルタントが作成した図を引用しました。

 

https://miraika.co.jp/

 

この表ポイントは、株主への提供価値と利害関係者(従業員、顧客、地域社会、国、供給業者etc)とのWin-Win関係の中にこそ、持続価値があるということ。

 

私は会計士でもありますので、どうしても企業側の視点から捉えてしまいますが、SDGsでも同じ。つまり、SDGsはいわゆるトリプルボトムライン(経済・社会・環境)がWin-Win-Winになることを目指すものだと言えます。

 

さて、ここまでコンセプトについて触れました。

 

言うまでもなく、コンセプトはいかに実践するかが重要です。実践なくして成果なし。

 

皆さんならどうされますか?

 

国連レベルではSDGsを定めました。
国や自治体レベルではSDGsを受けて様々な施策を取り始めています。
企業レベルでは投資家によるESG投資や、企業側のCSVへの取り組みが、徐々にですが進んでいます。

 

最後は個人レベルです。

 

個人レベルでは何をしますか?

 

経験的に言えることですが、コーチングを行っていますと、ほぼ100%の方が結局、Win-Winを求めています。

 

最初はまったく他者を意識していなかった方でも、コーチングを進めていくことで結局、「そうだったのか」となる。そう感じています。

 

人は自分だけのWinを求めるのではなく、家族、友人、隣人、見ず知らずの誰かetc.のWinも求めている。

 

心理学者のアルフレッド・アドラーはこんなことを言っていたそうです。

 

「人の問題とはすべて対人関係の問題である」
(続・アドラー心理学トーキングセミナー:野田俊作著)

 

すべてと断言はしませんが、私も対人関係の悩みが問題になっているケースが大半と感じています。

 

そして、問題があるということは、同時にそこに関心があるということ。

 

コーチングは対話を通じクライアントに寄り添うことで、クライアント=個人が望むWin-Winへの到達をサポートする手法でもあります。

 

ですから私は、個人レベルでより多くの方にコーチングを実践していきたい。

 

言うまでもなくSDGsもCSVも、実践するのは個々の人間。

 

だから「 サステイナビリティ < コーチング」。
私はそう考 えています。

 

皆さんも、コーチングを実践されてみませんか?

 

クライアントとしてコーチを付ける。

 

それも良いですが、ご自身がコーチになってみること、私はおすすめします。

 

※士業を中心としたプロコーチが集い、以下のブログを展開しています。

 

「コーチング・ガレージ」 https://ameblo.jp/coachinggarage2018/

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

著者

塙健一郎

塙 健一郎 / 株式会社未来カ(みらいか)
渋沢栄一は「士魂商才」という言葉を残しています。欲は事業発展への必要条件かもしれませんが、その先にある本当の意味での満足感、幸福感は何から生まれるのか、それをクライアントの皆様と共に考え目指し、実りある関係を育んでいます。

 


Top 運営者情報 出張セミナー 無料経営相談 無料レポート その他 お問合せ