• ビジネスリノベーションの教科書
  • 法人営業戦略の教科書
  • 中丸
  • 小泉

経営理念〜「当社は、何のために存在するのか」という問い

日刊工業新聞ビジネスリーダーズアカデミーが 提供する、経営改革に必要な情報満載のサイトです。 各種経営のプロがあなたの疑問にお答えします。 無料の小冊子など、役立つノウハウが満載。

経営理念〜「当社は、何のために存在するのか」という問い 

みなさん、こんちは。
今回から、「知恵の経営」を構成する、重要なパーツを掘り下げたいと思います。

 

まず、「経営理念」についてです。

 

みなさんは、経営者と社員の関係、どんな形が理想ですか?

 

@すべて自分の思い通りに経営ができる形?
A自分が大切にしている、ゆずれない思いには共感してもらう形?
Bみんなが好き勝手な思いで自由に仕事をする形?

 

@は、いわゆるカリスマ経営者かもしれませんね。
でも、一歩間違えば、裸の王様になってしまいます。

 

Bは、価値観の多様性を認めるといえばいいかもしれませんが、みんなバラバラ、まとまりがなくなってしまう可能性がありますね。

 

それでは、Aは、どうでしょう?
これだと、みんな同じ方向を向きながら、それでいて、自由な意見も言えそうな雰囲気ですね。

 

「知恵の経営」で言わんとする「経営理念」を活かした経営とは、Aのようなイメージです。

 

では、「理念」とはなんでしょうか?
どうでしょう?
その意味が、正確に説明できますか?

 

「理念」とは、辞書によると、「根底にある基本的な考え方」という意味です。

 

そのため、辞書の意味を参考にして考えると、「経営理念」は必要だから作るのではなく、もともと、みなさんの頭の中にあるもの、ということになりませんか?
みなさんの「根底」だから、みなさんの頭の中にある・・・。

 

また、みなさんが毎日話している言葉や、物事の○×をつける判断基準は、無意識のうちにみなさんの頭の中にある「根底」と結びついてはいませんか?

 

いつも考え、話しているうちに、確信を持ち、信念になっていく・・・。
その意味では、「経営理念」は、仕事をし、迷い、悩みながら信念に近い思いを作り上げていく、そんなイメージでもよいのかもしれません。

 

そして、仕事をしながら、迷い、悩んでいく、その先に求めている答えは、「当社は、何のために存在するのか」という問いへの答えです。

 

「私って、なんなんだろう?」って、考えたことはないですか?
それと同じです。
だから、「うちの会社って、なんなんだろう?」です。

 

そう考えると、「経営理念」って、奥が深いですね。
だから、「経営理念」は、建前でも、単に額に入れて飾っておくだけのものではないんです。

 

小手先なノウハウより、本質的な考え方のほうがずっと大事ではないですか?
でも、なぜか気にしない方が多いのも現実。
不思議ですね・・・。

 

横田 透 / つくば未来経営コンサルティング事務所

中小企業での現場経験がある中小企業診断士です!
「無形の強み」を見える化し、活用した経営支援を得意とします!

 

【お問い合わせ】
つくば未来経営コンサルティング事務所
代表 中小企業診断士 横田 透  
連絡先:090−4078−8137
メール:sppn8xp9@rice.ocn.ne.jp
ホームページ: http://www.miraitsukuri.com
著書:

講座一覧

強みの源泉「経営理念」を活かしたマネジメント

 

こちらもお勧め

 

無料レポート 「知的資産経営」のすすめ

Top 運営者情報 出張セミナー 無料経営相談 無料レポート その他 お問合せ