• ビジネスリノベーションの教科書
  • 法人営業戦略の教科書
  • 中丸
  • 小泉

7 「やりたい」人にボーナスを出せ

日刊工業新聞ビジネスリーダーズアカデミーが 提供する、経営改革に必要な情報満載のサイトです。 各種経営のプロがあなたの疑問にお答えします。 無料の小冊子など、役立つノウハウが満載。

7 「やりたい」人にボーナスを出せ

前回、「トップを頭の柔らかい人に変えよ」と書きました。
その心は、頭の柔らかい人でないと、新しい提案を受け入れられないからです。

 

最近の若い人には「草食系」、「やる気が無い」、「飲み会に誘っても」来ないなど、
上の世代から見れば負のイメージがつきまとっています。

 

また、マスコミは新入社員にレッテルを貼ります。「新人類」、「指示待ち世代」など思い出すものがありませんか?

 

私は、人間をこういうレッテルでは理解できないと思っています。ひとりひとり個性があるでしょ?

 

私の周りの新人世代を紹介しましょう。

 

私の知っている新人世代が3人いますが、二人は起業家です。サラリーマンは一人。
起業家二人は、知識不足・能力不足ではあるな、とは思いますが二人とも社長です。技術だけでなく、サービス、コスト、期限、経理にまで目を配っています。かなり守備範囲は広く、やる気なくしてやれない仕事でしょう。

 

二人は新しいサービス(WEBやハードを利用したサービス)をリリースしています。それがダメなら次、次と別の企画を推進していきます。

 

あなたの会社にこういう人いますか?

 

いないでしょ?

 

いればこのコラムを読まないでしょう(笑)

 

私は「若い世代のやる気」こそが企業の競争力の源泉であると思っています。ボトムアップで湧いてくる知識や知恵こそが次のアクションにつながり、次のアクションが新しい事業を産んでいく。そういうサイクルの要がやる気なのです。

 

トップ主導で企業改革できるでしょ?とも言われそうですが、トップ主導で企業改革が出来るフェーズと言えば、リストラのみです。
リストラを除けば、トップは若い世代のやる気を涵養する以外に企業を活性化する方法はないのです。

 

そうだとすると、やる気のある人も、ない人も同じ処遇・待遇ではイケマセン。

 

当然、今でも、やる気のある人には、昇進やそれに伴う昇給などで報いているでしょう。

 

しかし、本当に報いていますか?「結果」にのみ報いる昇進制度になっていないでしょうか?結果が出ない場合に報いない制度になってはいないでしょうか?

 

今や、企業に所属する人で「やりたい」という人は貴重になってきました。「『やりたい』にボーナスを」というテーマの趣旨は、「やりたい」と言った時点で何らかの報いを与えるということです。※

 

褒める、態度で表すなど色々なことができる。

 

問題は褒めるか褒めないか。

 

そこに、あなたやあなたの会社の考え方が宿るのです。

 

自分がくだらないと思うコトは、提案者の感情に配慮することなくすぐに却下する人になっていませんか?

 

※提案制度のある会社は、提案に報奨金を出すという事もできます。例えば、未来工業がその事例です。

 

 

新規事業開発の考え方、知財マネジメントの方法を開設したメールセミナーを開催しています。
無料です。是非登録してみてください。
あなたの会社が変わるヒントになるかと思います。
http://innovest.jp/mailseminar/

 

 

 

新規事業開発の考え方、知財マネジメントの方法を開設したメールセミナーを開催しています。
無料です。是非登録してみてください。
あなたの会社が変わるヒントになるかと思います。
http://innovest.jp/mailseminar/

 

 

中村 大介/ 株@水

 

 

 

自ら気づき、自ら働き、自己実現する場所にするためには、社内ビジネススクールを開催するのが近道です。
100%の受講者が「自分が変わった」と回答し、
会社も変わると回答した社内ビジネススクールの
ユーザーの感想はこちらからご覧ください。
http://innovest.jp/b-school/voice/

 

 

 ■ 新着News ■


Top 運営者情報 出張セミナー 無料経営相談 無料レポート その他 お問合せ