• ビジネスリノベーションの教科書
  • 法人営業戦略の教科書
  • 中丸
  • 小泉

顧客要望対応では減益になる

日刊工業新聞ビジネスリーダーズアカデミーが 提供する、経営改革に必要な情報満載のサイトです。 各種経営のプロがあなたの疑問にお答えします。 無料の小冊子など、役立つノウハウが満載。

顧客要望対応では減益になる

 

ご無沙汰しております、高収益化コンサルタントで弁理士の中村です。

 

季節が過ぎ去るのは早いもの。
1月は行く、
2月は逃げる、
3月は去る
と言いますが、まさにその通りです。

 

さて、日経クロステックでの「真田丸2」を更新しました。

 

是非時間を作ってお読み下さい。

真田丸2・第7話 「顧客要望対応で減収になる」

 

 「中村さん、来年度の受注が全て確定しましたよ」。

 

クライアントの社長の言葉です。

 

新聞紙上で世間は景気が良いということは聞いていましたが、まさか来年度の受注が全て決まるとは!

 

これには私も大変驚きました。

 

早速、「おめでとうございます」と伝えると、なぜか社長は渋い表情だったのです。

 

普通、来年度の受注が決まれば諸手を挙げて喜んでも良さそうなもの。

 

理由を聞くと、「実は、非常に利益率が低いのです」とのことでした。

 

その利益率を聞くと、正にギリギリという印象の数字でした。

 

社長の渋い表情の原因は、受注が確定した安堵感に、低い利益得率による何とも言えない複雑な感覚だったのかもしれません。

 

→続きはサイトでご覧ください。

 

当社サイトで見る↓
https://innovest.jp/column20180123/

 

日経クロステックサイトで見る↓
http://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/column/15/071300118/00007/

 

*****************************

 

知財部門の立ち上げ、強化にお困りはありませんか?

 

知財部門の立ち上げ・強化には、経営者の理解が不可欠です。

 

立ち上げたとしても、強化したとしても、効果は見えにくいです。

 

ただ、見えにくいものが見えている会社って強いんですよね。

 

大手企業は、どの会社も強力な知財部門を持っています。

 

知財部門を立ち上げ・強化しましょう。

 

一息入れて、相談して見ませんか?

 

詳しくはこちら↓
http://innovest.jp/takeiteasy_pat/

 

 

 

中村 大介/ 株@水

/ 新規事業開発コンサルタント 

 

 

高収益を実現する研究開発・知財開発の仕組みづくりの専門家。

 

NEC退職後にベンチャー企業を設立。高粗利ビジネスを実現したものの、事業が模倣される。

 

事業を模倣されて利益率が低迷した経験から弁理士試験にチャレンジし、苦節の末やっと合格。

 

以後、「出願件数と利益には関係がない」と感じつつ弁理士業務に取り組む。

 

「出願よりも知財の質を高める方が企業にとって効果が高いのでは?」と感じて技術経営のあり方を探求する。

 

知財の質を高めるには研究開発のやり方を変える必要があることに気付き、研究開発のやり方の調査・研究に着手。

 

その後、研究開発と知財開発の仕組み及び人材育成の仕組みを体系化し、現在では体系化されたノウハウを各企業に提供している。

 

専門は技術企業の高収益化
弁理士
北海道大学卒業、東京大学大学院修了

 

日経テクノロジーのコラム「知財で築く真田丸2」連載中
(リンク http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/071300118/?rt=nocnt

 

 

 ■ 新着News ■


Top 運営者情報 出張セミナー 無料経営相談 無料レポート その他 お問合せ