• ビジネスリノベーションの教科書
  • 法人営業戦略の教科書
  • 中丸
  • 小泉

融資を受けている銀行から聞かれたことのないことを聞かれたら!?

日刊工業新聞ビジネスリーダーズアカデミーが 提供する、経営改革に必要な情報満載のサイトです。 各種経営のプロがあなたの疑問にお答えします。 無料の小冊子など、役立つノウハウが満載。

融資を受けている銀行から聞かれたことのないことを聞かれたら!?

中小企業経営者の方からご相談いただいていて、よく質問されるのが

 

「融資を受けている銀行からこんなことを聞かれたんだけど、銀行は何を意図しているのか?」

 

例えば、今まで言われたことがないのに、次のようなことを銀行から言われた場合、

 

●最近の試算表を提出してほしい。
融資先の最近の業況チェックのために、銀行は融資先企業から、定期的に試算表の提出を受けてそれをチェックしようとします。 試算表を今まで提出していないのであれば、その方が珍しいことなのです。
融資を受けている銀行に対して、銀行から言われなくても試算表を出すと、銀行からの信頼は高まることでしょう。

 

●他銀行の借入明細を見せてほしい。
他行がどのように融資をしているのかを見ることは、銀行員にとっては基本中の基本と言えるぐらい、重要なことです。

 

他行は融資を絞ってきているのか、もしくは他行は積極的なのか。

 

他行が積極的に融資を出しているのならまだしも、融資を絞ってきているのなら、その企業の資金繰りは厳しい方向に向かい、要警戒、ということになります。

 

他行の借入明細はどうなのか、時系列で見てどうなのかは、銀行が融資先企業に、当たり前に聞くことなのです。

 

経営者としては「銀行は何を考えているのだろうか・・・」と、疑心暗鬼になってしまいがちですが、たいていの場合は、銀行が知っておくべき、当たり前のことを聞いているだけ、ということです。

 

不安に思わないで、正々堂々と答えましょう。

 

株式会社 コンサルティング・ネットワークでは、経営者のお悩みを解決に導きます。
お気軽にご相談ください。
https://www.daredemo.jp/ssl/www.cnc-holdings.jp/contactssl.html

 

澤田

澤田 和明/ 
株式会社 コンサルティング・ネットワーク

「会社は絶対潰してはならない…」再建・再生現場で培ってきた各段階で手を打つ際の心構えや優先順位、債権者対応や金融機関対策など、企業倒産の窮境を乗り越え、「自力経営」に変革する支援

 


Top 運営者情報 出張セミナー 無料経営相談 無料レポート その他 お問合せ