最(4/17水曜)新“特定技能&技能実習制度”活用セミナー

  • ビジネスリノベーションの教科書
  • 法人営業戦略の教科書
  • 中丸
  • 小泉

12/7 加工見積もりソフト

日刊工業新聞ビジネスリーダーズアカデミーが 提供する、経営改革に必要な情報満載のサイトです。 各種経営のプロがあなたの疑問にお答えします。 無料の小冊子など、役立つノウハウが満載。

4/17水曜
特定技能開始で、どう変わる外国人技能実習制度

 

特定技能開始で、どう変わる外国人技能実習制度

〜現行制度の廃止・厳格化も見据え、
改めて知っておくべき特定技能&技能実習制度
徹底比較/活用セミナー〜

 

 

本年4月1日から新しい外国人労働者のための
在留資格「特定技能」が開始されました。

 

国際貢献の研修制度である技能実習制度と異なり、
明確な就労ビザであるとされている特定技能ですが、
当面は技能実習からの移行を見込むなど、
事実上、技能実習制度を前提とした仕組みになっています。

 

本音と建前が矛盾している、この運用には
経済同友会からも厳しい指摘がなされています。

 

「本来の目的が異なる両制度は接続させず、
それぞれ独立した制度として運用すべきである。」
「技能実習制度については、実習のニーズの状況を踏まえ、
廃止も視野に入れた制度の見直しが必要である。」

 

というのが経済同友会の提言です。

 

当面は、試験運用とはいえ、
このような提言がなされている事実を考慮しますと、
先々、技能実習制度はより研修制度としての運用が厳格化もしくは廃止、
労働力確保については特定技能に集約される可能性も高いと思われます。

 

しかし、こうなると困るのは現場です。
これまで実習制度で対応していた人材をどのように確保するのか
現場オペレーションに多大な影響を与えることは必至です。

 

すでに、技能実習制度の受け入れ企業に対して
機構の抜き打ち監査も行われるなど徐々に厳格化されてきている実態もあります。

 

このような状況を踏まえますと、現時点での利用可否はともかく、
特定技能について、
常に最新の状況を理解しておく必要があるのではないでしょうか。

 

本セミナーでは、新たに始まる特定技能について
最新の情報をお伝えするとともに、
特定技能と技能実習制度それぞれについて

 

・各制度の基本構造と押さえておくべきポイント
・各制度のメリット、デメリット
・各制度における賃金等の考え方
・各制度導入にあたって留意すべき点

 

など両制度の良い点・悪い点を比較しつつ、
自社に最適な選択を行うためのノウハウをお伝えします。

 

最近では、技能実習からの移行を踏まえ、

 

「特定技能での賃金水準や待遇面はどうすればいいの?」
「技能実習3号と特定技能、どちらに移行すべき?」
「随時3級に合格しなかった実習生はどうすれば?」

 

といったご質問も多く、これらについてもお話しします。

 

また、本セミナーは、
「日本の監理団体/登録支援機関(予定)」と「ベトナムの送り出し機関」
それぞれの担当者が最新事情をご説明する
より具体的で実践的な内容となっております。

 

*監理団体:日本での実習生監理、企業サポートを行います。
*登録支援機関:企業に代わり日本での特定技能人材の支援を行います。
*送り出し機関:ベトナムでの事前教育、家族サポート等を行います。

 

特定技能においては、登録支援機関が
従来の監理団体の役割を果たすことを期待されており、
多くの監理団体が、登録支援機関としても認可を受けると目されています。

 

しかしながら、このための準備は監理団体によってバラバラであり、
全く対応準備ができていない、
正確な情報も把握していない団体も多いのが実情です。

 

その結果、企業様が正確な情報を入手できていない、
適切な相談先を得られていないケースも見られます。

 

そこで本セミナーでは、その点を踏まえ、
特定技能にいち早く対応しており、
すでに銀行や商工会議所での講演実績もある
監理団体/登録支援機関(予定)と
私どもベトナム送り出し機関という組み合わせで開催いたしますので。
最新かつ具体的、リアルな情報を得ていただけるかと存じます。

 

「自社の生産ラインにとって、技能実習生・特定技能のいずれが適しているのか?」
「自社を状況を考えると、どのような受け入れ方式がベストなのか?」
「すでに実習生を受け入れているが、適正な管理ができているか不安」
「現状の監理体制に不満があり、このままでは特定技能への対応も不安」
「実習生たちへのケアやフォローに不安を感じている」

 

等々、これから始まる特定技能のみならず、
技能実習制度に関心や課題、不安をお感じの企業様にも
お役立ていただけるセミナーです。

 

 

<開催日時>
対象:特定技能・外国人技能実習制度にご関心のある企業様
開催日時:2019年4月17日(水曜) 18:00〜20:00
場所:日刊工業新聞 東京本社 B1セミナールーム
受講料:無料 
主催
GTS協同組合(監理団体)
アジアコンサルティング株式会社(登録支援機関/予定)
Hoang Hung Japan(ベトナム送り出し機関)
※コンサルタント等、同業者の方のご応募はご遠慮ください。

 

↓↓セミナーのお申込はコチラ↓↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=JqOxbGedy
↓↓当日参加できないので個別相談したい方はこちら↓↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=JqOxbGfcIRnM

 

 

 


Top 運営者情報 出張セミナー 無料経営相談 無料レポート その他 お問合せ