1/27 TWI手法とコーチング技術を基本に「人が育つ生産現場作り」を目指す

  • ビジネスリノベーションの教科書
  • 法人営業戦略の教科書
  • 中丸
  • 小泉

1/27 TWI手法とコーチング技術を基本に「人が育つ生産現場作り」を目指す

日刊工業新聞ビジネスリーダーズアカデミーが 提供する、経営改革に必要な情報満載のサイトです。 各種経営のプロがあなたの疑問にお答えします。 無料の小冊子など、役立つノウハウが満載。

 

 

TWI手法とコーチング技術を基本に「人が育つ生産現場作り」を目指す

現場リーダーの必須スキルと育成方法

 

 

 

●現場監督者になり、人への対応の場面が増えた。部下をどのように指導してよいかわからない。生産現場の部下に対する実践的な指導力を習得したい。
●職場には、新入社員に加え、2,3年目の若手社員、中堅社員などもいるが、成長度合いに応じた育成・指導のポイントが分からない。
●ものづくり作業(技術)は得意だが、コミュニケーション力が弱く、部下にどのように対応すればよいかわからない。
●部下のスキルを見える化、育成計画を立てるにはどうすればよいか。

 

「モノづくりは人づくり」と言われるように、現場改善を通じて生産現場の人材育成が行われます。その際、現場リーダーである管理監督者には部下に対する実践的な指導力スキルが求められます。生産現場の人材育成に関わる実践的なスキルを習得してみませんか?

 

●製造現場で管理監督者に求められる役割
●仕事の教え方の4段階法、作業分解、訓練予定表の活用(TWI-JI)
●「人との関係を良くするための基本心得」を活かした問題の防止、早期対応(TWI-JR)
●改善の仕方の4段階法(TWI-JM)
●部下一人ひとりのやる気を引き出し、自律的に行動を起こさせるためのコミュニケーション技術(コーチングの基本スキル)
●目標実現に向けて部下が継続的に行動をとるための支援コミュニケーション(GROW)
●部下に行動の振り返りを促し、気づきを与えるコミュニケーション(メタポジション)
●部下が保有しているスキルを可視化し、能力を有効に活用するため基本(スキルマネジメントの適用ポイント)

 

TWIとコーチング手法を活用し、部下一人ひとりが主体的に活動し、能力を発揮する職場を作ってみませんか?

 

対 象   工場長、製造部長、製造部門の管理監督者
※コンサルタント等、同業者の方のご応募はご遠慮ください。
開催日時  2016年1月27日(水)18:00-20:00
場 所   日刊工業新聞 東京本社 B1セミナールーム 地図
受講料   無料 
主 催   株式会社浜テクアート

 

↓↓セミナーのお申込はコチラ↓↓

 

■講師

murakami

島崎 浩一 / 株式会社浜テクアート

ものづくり企業様の設計部門・製造部門の改善を15年以上行っています。設計から製造までをワンストップで生産性向上、改善する手法を得意としております。

 

 

<主な実績>
■2006年
鉄道信号機メーカーのコンサルティング
 資本金:4億5000万円、従業員:230名、売上高:56億円
 < 期間 >2006年4月〜2009年3月(3年間)
 <テーマ>・設計技術部門の生産性向上(150%)
      ・設計技術部門のマネジメント力向上(150%)
      ・工場部門の生産性向上

 

◇業務用時計メーカーのコンサルティング
 資本金:1億円、従業員:165名
 < 期間 >2006年7月〜2008年6月(3年間)
 <テーマ>・設計部門の生産性向上(180%)
      ・設計部門のマネジメント力向上(170%)
      ・工場部門の生産性向上

 

◇アルミ加工メーカーのコンサルティング
 資本金:2億5000万円、従業員:380名
 < 期間 >2007年11月〜2008年10月(1年間)
 <テーマ>・設計・工場部門の生産性向上(220%)
      ・設計リードタイムの半減(50%)

 

■2009年
◇総合電機メーカーのコンサルティング
 資本金:171億円、従業員:3700名
 < 期間 >2009年1月〜2011年12月(3年間)
 <テーマ>・設計部門の生産性向上(130%)
      ・設計関連経費半減(50%)
■2010年
◇建材メーカーのコンサルティング
 資本金:220億円、従業員:5000名
 < 期間 >2010年6月〜2011年5月(1年間)
 <テーマ>費用低減8000万円(黒字化)
      ・総合的コストダウン(生産性向上、品質向上、外注費削減)
      ・管理監督者のマネジメント力向上

 

◇電線メーカーのコンサルティング
 資本金:218億円、従業員:970名
 < 期間 >2010年11月〜2011年10月(1年間)
 <テーマ>・工場部門の生産性向上(△45百万円/年)
      ・材料歩留り向上(△29百万円/年)
      ・外注費削減(△78百万円/年)
      ・生産管理の仕組み構築

 

■2011年
◇自動車部品メーカーのコンサルティング
 資本金:7000万円、従業員:430名、売上高:180億円
 < 期間 >2010年11月〜現在
 <テーマ>
【第1期】技術部門の競争優位 現場力の構築
    ・設計部門の生産性向上(130%)
    ・設計品質向上(200%)
【第2期】間接業務の効率化(間接人員の削減40名)
    ・重複業務の削減
    ・部門統合によるムダなコミュニケーション廃止
    ・徹底したムダの排除
【第3期】圧倒的生産性の実現(原価半減活動)
    ・プレスの生産性向上(200%)
      製品設計の見直し
      金型設計の見直し
    ・スポット溶接時間半減(50%)

 

■2013年
◇制御盤製作メーカーのコンサルティング
 資本金:1600万円、従業員:30名
 <テーマ>新たな柱となる新製品開発

 

◇精密部品メーカーのコンサルティング
 資本金1000万円、従業員20人
 <テーマ>新たな柱となる新製品開発

 

◇高精度樹脂部品成型メーカーの技術デューデリ(大手銀行案件)
 資本金1億8000万円、従業員210人
 <テーマ>海外進出のための融資を行うに当たっての技術力評価

 

◇コンクリート2次製品製造メーカーのコンサルティング
 資本金6000万円、従業員150人
 <テーマ>事業再生(黒字化、生産性向上)

 

■2014年
板金プレスメーカー の開発顧問
 資本金2000万円、従業員150人
 <テーマ>塑性加工技術の指導、開発戦略立案、開発マネジメント

 

架空配電用機材製造メーカーのコンサルティング(商工会議所案件)
 資本金3000万円、従業員53人
 <テーマ>新製品の販路開拓

 

自動車部品製造(プレス、スポット溶接)メーカーのコンサルティング
 資本金2000万円、従業員65人
 <テーマ>・事業再生(黒字化、生産性向上)
      ・在庫削減、原価管理の仕組み構築、生産性向上

 

■2015年
自動車部品製造(トレーラー)メーカーのコンサルティング
 資本金4500万円、従業員250名
 <テーマ>事業再生(黒字化、材料費削減、外注費削減、生産性向上)

 

鋼管製造メーカーのコンサルティング
 資本金7500万円、従業員250名
 <テーマ>新製品開発、生産性向上

 

 


Top 運営者情報 出張セミナー 無料経営相談 無料レポート その他 お問合せ