海外進出・グローバル化のABC   海外戦略は総合力!

  • ビジネスリノベーションの教科書
  • 法人営業戦略の教科書
  • 中丸
  • 小泉

インダストリー4.0は、そもそも何なのか?世界をとりまくインダストリー4.0の全貌

日刊工業新聞ビジネスリーダーズアカデミーが 提供する、経営改革に必要な情報満載のサイトです。 各種経営のプロがあなたの疑問にお答えします。 無料の小冊子など、役立つノウハウが満載。

インダストリー4.0は、そもそも何なのか?
世界をとりまくインダストリー4.0の全貌

kaneko

金子 博人 /  金子博人法律事務所

リーガルサービスだけでなく総合的な企業支援を実施。M&Aは、マッチングを含めた支援をし、経営の多角化・技術移転を目指すほか、強力な企業再生を推進。

社長のM&A学

企業再生倒産回避―民事再生法と日本経済の活力

 

「世界をとりまくインダストリー4.0の全貌を知る」

 

今、メーカーやIT企業は、ドイツ発のインダストリー4.0で、テンヤワンヤである。

 

しかし、インダストリー4.0が、
アメリカではどう展開しているのか。中国はどうかかわっているのか。日本は今どのような位置づけにあるのか。
世界では、AIや、自動運転、ロボット、宇宙開発は、今、どう展開しているのか。シェアリング・エコノミー、フィンテックは、どのように,関わり合っているのか。

 

これら全貌が目に入っているものは意外に少ない
本レポートでは、その全貌を、わかりやすくまとめてみた。

 

1.インターネット時代の幕開けとネットバブル、そして第四次産業革命へ!
2.日本の製造業は、アメリカとドイツの下請けとなるか?
3.それはGEのジェットエンジンから始まった!
4.GEの凄さはこれだけでない。
5.テスラの電気自動車はイノベーションの実践
6.「アップル自動車」はどんな自動車か?
7.世界中のロボット・ベンチャーを買い込むグーグルはどこに行くのか?
8.ベンチャーを徹底的に育成するアメリカ企業
9.メルケル・ドイツの覚醒
10.インダストリー4.0のプラットホームは何か?
11.多品種少量生産は何を目指すか?
12.ドイツ企業はなぜまとまれるのか?
13.コンチネンタルが自動運転の覇者へ!
14.シェアリング・エコノミーはサービス産業のインダストリ―4.0! 
15.フィンテックもサービス業のインダストリ―4.0!
16.スマートハウス、スマートシティ、スマート病院はインダストリ―4.0の受け皿!

17.日本は2週遅れ!  
18.中国人はインダストリー4.0のために生まれてきたようなもの!
19.アメリカと独の連合が成立
20.トヨタが下請けになる日
21.日本メーカーは自動車の総需要縮小に対応できるか?
22.インダストリー4.0で部品メーカーは半減する!
23.日本のインダストリー4.0はサービス産業がけん引するのか?

 

無料経営レポート 
「インダストリー4.0は、そもそも何なのか?世界をとりまくインダストリー4.0の全貌」

 

 

■注目のキャンペーン■

 ■ 新着News ■


Top 運営者情報 出張セミナー 無料経営相談 無料レポート その他 お問合せ