• ビジネスリノベーションの教科書
  • 法人営業戦略の教科書
  • 中丸
  • 小泉

M&Aによる海外展開の盲点と税務のポイント

日刊工業新聞ビジネスリーダーズアカデミーが 提供する、経営改革に必要な情報満載のサイトです。 各種経営のプロがあなたの疑問にお答えします。 無料の小冊子など、役立つノウハウが満載。

M&Aによる海外展開の盲点と税務のポイント

〜クロスボーダー訴訟である、IBM訴訟、ヤフー訴訟、ホンダ訴訟はなぜ起きたのだろうか?

kaneko

金子 博人 /  金子博人法律事務所

リーガルサービスだけでなく総合的な企業支援を実施。M&Aは、マッチングを含めた支援をし、経営の多角化・技術移転を目指すほか、強力な企業再生を推進。

社長のM&A学

企業再生倒産回避―民事再生法と日本経済の活力

 

「 企業再編務訴訟でなぜIBMは勝訴しヤフーは負けたか?」

 

M&Aで海外展開をするとき、中継国を持つか、海外持株会社を持つか、ファイナンスカンパニーをもつかなど、戦略の構築は、海外展開の成否を決する。
この時、関係国で、

 

1.配当は課税されるか、配当に源泉税は課されるか?
2.支払利子の損金算入規制はないか?利子支払いに源泉税は課されないか?
3.過小資本税制はないか?
4.タックスヘイブン税制の対象にならないか?
5.移転価格税制は課されないだろうか?
6.租税条約はどうなっているだろうか?
7.その他、特殊な税制はないか?
8.日本が最近導入した「過大支払い税制」は、どのようなものか?

 

これらの検討の上、戦略を立てる必要がある。

 

その戦略は、どこに注意すべきだろうか?
近時の、クロスボーダー訴訟である、IBM訴訟、ヤフー訴訟、ホンダ訴訟はなぜ起きたのだろうか?

 

これらについて、基礎的なポイントを整理してみよう。

 

無料経営レポート 
「 M&Aによる海外展開の盲点と税務のポイント 」

 

 

■注目のキャンペーン■

 ■ 新着News ■


Top 運営者情報 出張セミナー 無料経営相談 無料レポート その他 お問合せ