習熟曲線効果からみるコストダウンの着眼点

  • ビジネスリノベーションの教科書
  • 法人営業戦略の教科書
  • 中丸
  • 小泉

習熟曲線効果からみるコストダウンの着眼点

日刊工業新聞ビジネスリーダーズアカデミーが 提供する、経営改革に必要な情報満載のサイトです。 各種経営のプロがあなたの疑問にお答えします。 無料の小冊子など、役立つノウハウが満載。

習熟曲線効果からみるコストダウンの着眼点

習熟曲線をご存知でしょうか。

 

初めて行う業務処理や作業は、要領を理解するのために時間を必要とするものです。
それが繰り返されることによって、要領やコツをつかみ、処理や作業のスピードが上がっていきます。
このような変化を調べると、ある一定の率で低減していくことが見られます。

 

これをクラフ化してあらわしたものが習熟曲線(あるいは経験曲線)です。

 

一般にグラフは、縦軸に単位あたりの直接工数、横軸に累積生産数量をとったもので、弓なりの双曲線になります。
また、両対数グラフにしますと直線になります。

 

そして、累積生産数量が前の2倍になるごとに一定の率で工数が削減していくことがわかります。
習熟曲線は、業務処理や作業の習熟のことですが、それ以外の要因も加わっての結果です。

 

本レポートでは、習熟曲線の効果とそのためのコストダウンの着眼点を紹介します。

 

 

「習熟曲線効果からみるコストダウンの着眼点」

著者/

間館 正義 / 日本コストプランニング
コストテーブルを活用した原価の見積、原価管理、MRPUをベースとした生産管理システムによるコストダウン・コンサルティングを中心に活動しています。

 

 

 

■注目のキャンペーン■

 ■ 新着News ■


Top 運営者情報 出張セミナー 無料経営相談 無料レポート その他 お問合せ