• ビジネスリノベーションの教科書
  • 法人営業戦略の教科書
  • 中丸
  • 小泉

電気代削減

日刊工業新聞ビジネスリーダーズアカデミーが 提供する、経営改革に必要な情報満載のサイトです。 各種経営のプロがあなたの疑問にお答えします。 無料の小冊子など、役立つノウハウが満載。

電気代削減のご相談コーナー

江田健二

江田 健二 

 / マーケティングコンサルタント

 

みなさん、
早速ですが電力会社の選択で電気代を削減できることをご存知でしょうか。

 

法人向けの電気を提供している企業は100社以上あり、自社に適した会社を選ぶことでコストの削減が可能となります。

 

例えば、月間に約100万円の電気代を支払っていた工場が、約90万円になり、年間で120万円ものコスト削減を実現できるといったケースも珍しくありません。

 

電力切り替えの大きなメリットは、

 

@費用がかからないこと
A継続的に削減できること、
B手間もかからないこと

 

の3点です。

 

電力会社の切り替えを検討したい方向けに、下記URL(新電力ネット)にて
電力会社の一覧や、一括見積サービスを提供しております。

 

一括見積サービスは、まずは手軽に各電力会社が提示する電気代を知りたい方にお勧めです。

 

新電力ネット http://pps-net.org/estimate

 

新電力ネットについて

一般社団法人エネルギー情報センターが運営する情報提供サイト。会員数は1010名(2016年5月19日時点)。筆者がエネルギー情報センターの理事を務めております。

 

電力の切り替えは、昔から可能だったわけではなく、ここ数十年で徐々に自由化されてきました。
以下にて、電気をたくさん使う需要家向けの自由化について、簡単に歴史的流れを見ていきたいと思います。

 

電力自由化の始まりは、2000年3月の特別高圧(2万V以上)で受電する使用規模2,000kW以上の需要家への市場開放です。
大規模工場や、大規模ビルといった電力を大規模に利用する施設が対象となる自由化です。

 

その4年後、2004年4月から使用規模500kW以上、2005年4月からは50kW以上まで自由化範囲が拡大されました。
スーパーや中小ビルなど、中規模程度に電力を利用する施設が対象となった自由化です。

 

この電力自由化ですが、非常に多くの事業者による努力が実り、実現したものです。
折角、電力を選べる時代になったのですから、一度切り替えを検討してみることをお勧めいたします。

 

お電話でのお問い合わせ
→TEL :03-6411-0858

 

−電気代削減の相談フォーム−

 

江田健二

江田 健二 /(株)RAUL 
インターネットを活用したマーケティングは、費用対効果が高い手法です。ぜひ、ご協力できればとおもいます

 

■注目のキャンペーン■

 ■ 新着News ■


Top 運営者情報 出張セミナー 無料経営相談 無料レポート その他 お問合せ