早わかりTCP/IP講座

ネットワーク全体のしくみが見えてくる!

 

NBLAekisupa

学習期間 2 か月
受講料 個人/法人受講料:23,760円
教材・テスト形式 テキスト2冊/テスト2回  テスト形式:郵送のみ

●この講座は、郵送によるテストの提出と添削の返却です。

 

講座一覧

 

講座概要

TCP/IPはインターネットで使われるデータ通信のプロトコル(通信規約)です。現在ではインターネットばかりでなくLANでも主流のプロトコルとして普及しています。正にコンピュータネットワークの標準といっても良いでしょう。これからネットワーク管理に関わる方にとっては、TCP/IPの知識があればかなり広範囲にカバーできることになります。

 

TCP/IPは実際には1つのプロトコルではなく複数のプロトコルの集まりで、主要なTCPとIPのプロトコル名からこう呼ばれています。

 

プロトコルにはそれぞれ違った役割があり、その機能の組み合わせによってデータ通信が実現されています。
この講座は、ネットワーク全体がどのようなしくみになっているか?どのように利用されているか?そして各プロトコルの役割は?などインターネットへの接続やイントラネットの構築と運用に携る方にとって必要な基礎知識に絞り込んでわかりやすく解説しています。

 

また、ネットワーク管理者に限らず日常インターネットを利用する方であれば、なぜインターネットは世界中どこでも繋がるのか?Eメールはどうやって届けられるのか?などがわかるようになり、自分のパソコンを設定しなければならない時も余裕で対応できるでしょう。
TCP/IPはどこかの企業ではなく、ユーザーが主体となって技術が開発され発展してきました。この講座を足掛かりにTCP/IP、ネットワークを発展させる一員となる第一歩として学習に取り組んでみてはいかがでしょう。

 

※●Javaプログラミングソフト動作環境:Windows 2000、XP(Windows Vista、7は対象外です)。

 

講座の到達目標

●ネットワーク全体のしくみ
●ネットワークの利用法(WWW、eメール、IP電話など)
●インターネット層/トランスポート層/アプリケーション層の役割と特徴

 

受講対象

●これからコンピュータネットワーク管理に携る方
●新人SEの方
●コンピュータのハードやソフトに関する一般的な基礎知識のある方

 

学習環境

コンパイラ「Java SE 7」は、事前にオラクルのサイトからインストールして学習します。
開発統合環境「Eclipse」も、事前にwww.ecripse.orgからインストールして学習します。

 

対応OS:WindowsXP,Vista,7

 

監修・執筆

●都丸敬介
●清水光孝
●(株)エス・イー・アシスト 阿部禎之

 

テキスト概要

1. TCP/IPネットワークの概要

第1章:インターネットとTCP/IP
1.1:インターネットの意味と構成
1.1:データ通信ネットワークの実現方法
1.3:TCP/IPプロトコルの特徴
1.4:インターネットとイントラネット

 

第2章:TCP/IPのアーキテクチャ
2.1:ネットワークアーキテクチャの考え方
2.2:プロトコルの規定方法
2.3:ネットワークアドレス
2.4:TCP/IPプロトコルスタック

 

第3章:インターネットの利用方法
3.1:データ処理
3.2:情報検索
3.3:電子メール
3.4:電話と放送

 

第4章:IPネットワークの通信回線
4.1:通信回線の種類と特徴
4.2:LAN
4.3:IP-VPN
4.4:高速アクセス回線

インターネットのために開発されたTCPとIPを中心とする一群のプロトコルが、企業などの社内情報システムでも標準的なプロトコルとして普及しました。インターネットやイントラネットの構築や運用のためには、ネットワーク全体の構造や特徴を理解することが大切です。この分冊の狙いは、TCP/IPネットワークの全体像を把握することです。

 

2. 主なTCP/IPプロトコル

第1章:IP(インターネットプロトコル)
1.1:ネットワーク層プロトコルの役割と特徴
1.2:IPアドレス
1.3:IPネットワークのルーティング
1.4:アドレス変換

 

第2章:TCPとUDP
2.1:トランスポート層プロトコルの役割と特徴
2.2:TCPの概要と特徴
2.3:UDPの概要と特徴
2.4:実時間通信のための共通プロトコルRTP

 

第3章:アプリケーションプロトコル
3.1:データ処理と情報検索関係のプロトコル
3.2:電子メールのプロトコル
3.3:IP電話のプロトコル
3.4:IPネットワーク管理のプロトコル

 

第4章:セキュリティ技術とプロトコル
4.1:ユーザー認証
4.2:ファイアウォール
4.3:情報の安全保護
4.4:ネットワークユーザーの保護

 

この分冊では、インターネットやイントラネットで使われている主なプロトコルを体系的に説明します。それぞれのプロトコルの規格文書は分量が多く内容が複雑です。また、プロトコルの種類によって、表現方法や動作原理が異なります。この分冊の狙いは、取り上げた各プロトコルの動作原理や特徴を理解することです。この分冊の内容は、必要に応じて個々のプロトコルの細部を調べるときの基礎知識です。

 

 

NBLAekisupa受講生の声

● IPネットワークの全体像や概要がよくわかりました。
● TCP/IP及びプロトコルについて理解を深めることができた。
● 現在の仕事において、大変役に立った。
● 基礎が復習でき、資料も良かった。
● 現在の技術のみをピックアップするのではなく、主要な技術の背景なども説明されているところが分り易くてよかった。

 

提供会社

NBLAekisupa

轄H学研究社

 

 

→トップに戻る


このページの先頭へ戻る