NBLAekisupaはじめて学ぶXML入門講座

Webシステム構築に必須! 基礎からじっくり学びます
●XMLの構造が理解できます。
●自分でXMLタグが記述できるようになります。
●XML文書のデータの構造定義ができるようになります。

NBLAekisupa

学習期間 3 か月
受講料 webテスト:22,140円 ※テキストを書店にてご購入された方は工学研究社までお問い合わせください。
教材・テスト形式 テキスト2冊/テスト4回  テスト形式:Web記述webテスト

●テストは全てWebを活用しますので、 受講にはインターネット環境が必要となります。
また、テストは、「Web記述」テスト、「webテスト」テストのどちらかをお申込み時にお選びいただきます。
●申込書に添削方法のご記入がない場合は、「webテスト」とさせていただきます。
 【テスト提出のための学習環境】インターネットエクスプローラ(IE)6.0以上、MS-Office2000以上

 

講座一覧

 

講座概要

Web技術の応用と拡大は、ケータイから企業内まで非常に広範囲に利用されるようになりました。こうした仕組みの中で一番の要になったのがHTML技術でした。そして、今さかんに利用されているのが、企業間の業務システムや、個人と企業間の取引にこのWebシステムを応用する方法です。

 

ユーザが、いままでのようにホームページをのぞく感覚で、インターネットで商品を選び、価格や機能、デザインを比べ、支払いまでも済ませることを可能にしている要素技術がXML技術です。

 

広くWebサイトの表示につかわれるHTMLは、文字や画像を表現することに威力を発揮しました。しかし、企業間の業務システムでは文書やデータの意味や構造を表現できないとインターネット技術の業務への利用は不可能です。今後、Java+XMLという組合せ技術がますます重要な位置づけとなるでしょう。

 

本講座は、XML技術のうち「XML文書の作り方」「XML文書のデータ構造の定義」「XML文書の操作」「XMLデータの管理」について学習します。個々の項目は、解説=>例題=>確認問題=>練習問題の順で学習を進めるように構成されていますので、しっかり理解できます。また、プログラムリストを提示し、各章末には検証ツールを用意しましたので実際に動作を確認できます。

 

講座の到達目標

●XMLの構造が理解できます。
●自分でXMLタグが記述できるようになります。
●XML文書のデータの構造定義ができるようになります。

 

受講対象

●Webシステム上でDBシステムやEコマースシステムの導入などを検討している方
●Web関連のソフトウエア技術者
●自分のホームページに実用的な業務システムの構築を検討している方
●Webシステムの企画をしている方、ならびにそれを目指す方
●Webデザイナならびにそれを目指す方

 

学習環境

コンパイラ「Java SE 7」は、事前にオラクルのサイトからインストールして学習します。
開発統合環境「Eclipse」も、事前にwww.ecripse.orgからインストールして学習します。

 

対応OS:WindowsXP,Vista,7

 

監修・執筆

メディアプラネット  中島省吾

 

テキスト概要

1. XMLって何?


1 .XMLの概要
2 .XMLの作成
3. DTDの作成

XML(Extensible Markup Language)は、1998年に発表されたデータの新しい記述方法です。ネットワーク上でのデータ交換のみならずコンピュータの設定ファイル、データベースとしての利用など非常に広範囲に利用されています。その理由の1つにXMLは、タグを自由に定義できることにあります。HTMLのようにタグの名前と役割を覚える必要がありません。また、データにツリー構造をもたせ、タグを定義できます。ここでは、定義方法を定めたXML文書の作成の仕方、ネットワーク間で重要な統一タグの記述方法(DTD)などについて学びます。

 

 

2.部品となるプログラムを学ぼう

1.XPath
2.XSLTによる変換
3.名前空間)

 

XML文書はツリー構造で表現されることを学びましたが、ここではさらに具体化する方法を学びます。今月は、いわばこの講座の中核になります。また、XML文書を他の形式の文書に変換する方法についても学習します。

 

 

3. XML文書のデータ管理を理解しよう

・じゃんけんゲームを作ろう(2)
1.DOMの操作
2. SAXの操作
3. XMLSchemaの定義

 

XML文書をプログラムで管理できると非常に便利です。今回、そのためのインターフェースであるDOMについて学習します。XML文書の検索、追加、修正、削除の方法を学びます。XMLの威力が理解できます。

 

 

※本講座テキストは,(株)SCC刊、(株)工学研究社編著「改訂ゲーム作りで学ぶJavaプログラミング入門」と、工学研究社刊「CPUから仮想マシンへ」で構成されています。

 

提供会社

NBLAekisupa

轄H学研究社

 

 

→トップに戻る


このページの先頭へ戻る