認定訓練コース

□技能検定学科試験免除コースのご案内
JTEXが実施する認定訓練(普通職業訓練短期課程技能士コース)1級・2級コースは、職業能力開発促進法に基づき、年1回開講、添削指導と面接指導(スクーリング)を行い、修了者には技能検定受検に際し、学科試験免除の資格を与えるものです。のべ35,000名の方が、JTEXの認定訓練コースを利用し、技能士として活躍しています。

技能検定とは
技能者の能力が一層みがかれ、また、社会的、経済的地位の向上をはかることを目的とする国家検定制度です。職業能力開発促進法に基づき、技能者がもっている技能や知識を一定の基準によって検定し公証するために、職種ごとに学科試験と実技試験が実施されます。JTEXの認定訓練修了者は学科試験が免除されます。
 技能検定に合格すると、1級は厚生労働大臣の、2級は都道府県知事名の合格証書と技能士証が交付され、「技能士」と称することができます。

  ◆これらのコースは年1回開講で,開講時期,募集時期は下記の通りです◆
       ●「機械保全科」(機械系・電気系):10月開講,7月〜8月に募集
                              (申込期限:9月上旬)
       ●「機械検査科」:9月開講,6月〜7月に募集
                              (申込期限:7月下旬)
       ●「機械加工科」,「電子機器組立て科」:4月開講,1月〜2月に募集
                              (申込期限:3月上旬)


【受講資格】

区   分 1級 および 2級
2級技能検定
受検に必要な
実務経験年数
1級技能検定
受検に必要な
実務経験年数
2級技能検定
受検合格後
直接1級
技能検定受検
電子機器組立て に関する専門課程の養成訓練修了 0 1 3
機械加工科
機械検査科
機械科及び「機械科」に相当する学科
電気・電子科 の普通課程の普通職業訓練修了 2800時間以上 0 2 4
機械科 800時間以上 0 2 6
機械科及び「機械科」に相当する学科
電気・電子科 の大学卒業 0 2 4
機械科
機械科及び「機械科」に相当する学科
電気・電子科 の短大卒業・高専卒業 0 2 5
機械科
機械科及び「機械科」に相当する学科
電気科・電子科 の高校卒業 0 2 6
機械科
機械科及び「機械科」に相当する学科
電気科・電子科 の専修学校・
各種学校卒業
(厚生労働大臣指定のもの)
3200時間以上 0 2 4
機械科 800時間以上 0 2 6
機械科及び「機械科」に相当する学科
上記以外の場合・実務経験のみ 2 2 7

受講方法について
受講方法は、法人でお申込みの場合と、個人でお申込みの場合とで異なります

(1)法人の場合

認定訓練は、原則JTEXの賛助会員企業から派遣される訓練生に対し実施するものです。したがって、当認定訓練を法人単位でご活用いただく場合は、JTEXの賛助会員にご入会いただくことを前提とさせていただいております。以上の趣旨をご理解いただきまして、ご入会賜りますようお願い申し上げます。

【JTEX賛助会員について】
1.法人会員入会について
JTEXが実施する「認定訓練コース」(普通職業訓練短期課程技能士コース)は、職業能力開発促進法第24条(職業訓練の認定)及び施行規則第10条・11条(通信制による訓練)に基づく認定職業訓練で、年1回開講、1年にわたり、添削指導と面接指導(スクーリング)を行い、修了者には技能検定受験に際し、学科試験免除の資格を与えるものです。
この認定職業訓練を実施するJTEX(日本技能教育開発センター)は、「その行う職業訓練の拡充発展と永続性のある健全な運営を行う職業訓練法人」という立場にあります。
私どもが実施する当認定訓練は、JTEXに賛助会員企業が派遣する訓練生に対し実施するものであり、したがって当訓練をご活用いただく企業はJTEXの賛助会員であることが前提となります。
当訓練のご活用にあたっては、以上の趣旨をご理解のうえ、ご入会賜わりますようお願い申し上げます。

2.入会の手続きについて
入会手続きに際しまして、賛助会員は、年会費として10,000円をご負担いただくことになります。
ただし、すでに賛助会員の手続きを取られている場合は、継続扱いとなっておりますので、改めて入会手続きをしていただく必要はありません。
 ※ 入会いただきますと、退会届けが提出されない限り、会員資格は継続され、年会費として、10,000円をご請求いたしますのでご了承ください。
 ※ 入会手続き、退会手続きに関するお問い合わせは,JTEX東京教育推進本部(TEL:03-3235-8686)にて承ります。

 3.実技セミナーについて
ご入会の企業のみなさまは、技能検定の学科免除コースだけでなく実技セミナーのご参加も会員受講料でご利用いただけます。


■お申込み方法
技能士コースの申込依頼書をダウンロード、必要事項を記入してFAXでお送りください。
賛助会員の入会申込書、訓練生派遣手続書ならびに、人数分の受講申込用紙とパンフレットをお送りいたします。
必要事項をご記入いただきまして、受講生全員について、証明写真2枚)を添付(1枚は受講申込書に貼付の上申込締切までにご返送ください。
受検審査を通過した時点で、お申込みの受理とさせていただきます。
賛助会員年会費ならびに受講料のお支払いは、銀行振り込みにて承ります。
教材発送後に、ご請求書を発行いたしますので、指定の銀行口座までご入金ください。
教材の発送は、お申込み受付後、開講日前月末に一斉発送いたします。

(2)個人の場合

[次の条件に当てはまる方は、個人での受講が可能です。]
●現在在職中で、転職を検討中の方
●求職中の方


■お申込み方法
技能士コースの申込依頼書をダウンロード、必要事項を記入してFAXでお送り下さい。
ご案内と受講申込用紙をお送りいたします。
必要事項をご記入いただき、証明写真2枚を添付(1枚は受講申込書に貼付)の上
申込締切までにご返送ください。

受検審査を通過した時点で、お申込みの受理とさせていただきます。
(※受検資格を満たしていない場合は、お申込みを承ることができませんので、あらかじめご了承ください。)
受講料のお支払いは、佐川急便のe-コレクト(代金引換)にて承ります。振込でのお支払は承っておりません。
受講料は、教材一式をお受け取りの際、配達員へお支払いください。
教材の発送は、お申込み受付後、開講日前月末に一斉発送いたします。

■申込依頼書ダウンロードについて

申込依頼書をダウンロード、申込区分を法人・個人別に選択の上、 必要事項を記入してFAXでお送りください。
FAX送り先 :03−5785−2295

お申込依頼書/技能士コース(エクセルファイル)ダウンロード

  

■セミナーのご案内

JTEXでは、上記認定訓練コースと併せてご活用いただける国家技能検定の実技対策セミナーを下記科目において実施しております。
この実技試験対策セミナーはJTEXの賛助会員企業様向けのサービスとして実施しております。
したがいまして、JTEXの賛助会員企業様でない場合は、受講料が割高となります。
ぜひ、この機会に賛助会員にご入会いただきます様ご案内申し上げます。

1・2級 機械保全科/機械系保全作業 機械保全実技対策セミナー
    ・全国12会場(平成26年度)で実施予定。各会場11月〜1月のうち1日間。
    ・講義時間は、9:10〜15:00(予定)です。

2級 機械検査科実技試験(ペーパーテスト)対策セミナー
    ・全国3会場(平成26年度)で実施予定。各会場10月〜11月のうち1日間。
    ・講義時間は、8:30〜17:30(予定)です。
※両セミナーとも、会場毎に定員がございます。定員になり次第受付締切となりますので、ご了承ください。

※実技試験対策セミナーの詳細につきましては、専用パンフレットをお送り致しますので、下記までお問い合わせください。

JTEX(訓)日本技能教育開発センター  E-mail:otoiawase@jtex.ac.jp


このページの先頭へ戻る