基本情報技術者 講座シリーズ

セミナー 実績

 

基本情報技術者とは

経済産業省管轄の独立行政法人、IPA(情報処理推進機構)が運営する情報処理技術者試験の区分の1つ。
毎年11万人以上、多い年には14万人以上が受験します。

 

「共通キャリア・スキルフレームワーク」 のレベル2に相当し、情報技術全般に関する基本的な知識・技能レベルが評価されますから、IT系職種なら“取っておきたい”、事業体としても “取得させたい”国家資格です。
事業部門だけでなく売上増大の鍵を握る営業部門まで専門性が求められるIT関連企業はもとより、IT化の恩恵を受ける一般企業でも必要視されています。

基本情報技術者 講座 一覧


このページの先頭へ戻る