NBLAekisupa

ひとにやさしい自動車工学基礎講座

NBLAekisupa

21世紀のキーワードは<快適><安全><エネルギ>です!
●自動車工学全般を理解し、実務に活用できる。
●自動車および自動車部品の発展の歴史を体系的に理解し活用できる。

 

NBLAekisupa

学習期間 2 か月
受講料 webテスト:21,600円
教材・テスト形式 テキスト2冊/テスト2回  テスト形式:webテスト

●テストは全てWebを活用しますので、 受講にはインターネット環境が必要となります。
 【テスト提出のための学習環境】インターネットエクスプローラ(IE)7.0以上

 

講座一覧

 

講座概要

自動車技術の21世紀のキーワードは<快適><安全><環境・エネルギ>の3つであり、これらのキーワードは全て、自動車の基本的機構・機能に関連しています。

 

近年自動車システムは大規模化・複合化が進んでいる一方で、個人の受け持つ業務はますます細分化・分業化され全体が見えにくくなってきています。
本講座では、上記3つのキーワードの基礎となる自動車工学の全体の概要を第1分冊で、第2分冊で自動車の快適性、自動車と安全、および自動車と環境・エネル
ギ-について学習して行くことにします。

 

ポイントは、自動車とその機能部品それぞれについての歴史をしっかり把握し、<温故知新>を図って、それぞれの技術の発展を知ることによって、これからの動向を実践的に学びます。
自動車工学の概要を体系的かつ時系列的に学ぶことによって全体の関連性を理解し、実務で応用できる力が身につくことを狙いとします。

 

到達目標

●自動車工学全般を理解し、実務に活用できる。
●自動車および自動車部品の発展の歴史を体系的に理解し活用できる。

 

受講対象

●自動車および自動車関連分野で働く若手技術者として、自動車工学全般の実践的知識を身につけようとする方。
●これから自動車関連分野に参入しようとする企業の開発・設計・品質・サービス・営業部門の方。
●一般企業および学生で自動車工学全般を理解しようとされている方。

 

監修・執筆

●テクノマスダ技術士事務所 所長 益田 明
●NKコンサルティング代表 小久保 尚躬

 

テキスト概要

1. 自動車の歴史と構造

1.自動車の歴史と車両1
 (ボデー・シャシ・動力伝達装置)
2.車両2(制動装置・懸架装置、かじ取り装置)
3.エンジン1(基礎原理・潤滑装置・冷却装置)
4.エンジン2(ガソリン・装置類・ディーゼルエンジン)

本分冊では、第1週で自動車の歴史から、ボデーとシャシおよび動力伝達装置を学習し、第2週では制動装置、懸架装置、かじ取り装置を学習します。

 

第3週でエンジン本体と潤滑装置、冷却装置を、第4週で燃料装置、始動装置、充電装置、過給機を学習します。
自動車の基礎を学習することで、次の分冊への基盤を築くこととします。

 

2. <快適><安全><環境・エネルギ>とトレンド技術

1.自動車の快適性
2.自動車と安全
3.自動車と環境・エネルギ
4.トレンド技術

本分冊では、第1週で自動車と快適性について学習します。快適性は、エアーコンディショナーおよびITSなどについて学習し、第2週では、自動車と安全についてシートベルト、エアバックなどについて学習します。第3週の自動車と環境では、排出ガスや騒音について学習し、第4週目では、トレンド技術について学習します。

※カリキュラム内容は、開講時に一部変更になる場合がございます。

 

提供会社

NBLAekisupa

轄H学研究社


このページの先頭へ戻る