PLANER eラーニングサービス 『幾何公差の基礎』 講座

 

1.講座概要

グローバルなものづくりを支えるのは設計図面であり、世界的に、幾何公差を使用した図面表記が必須となってきています。 

 

しかし、日本の一般的な設計現場において幾何公差自体使われず、使われても適正でない部分が見られるのが実態です。

 

本講座では、今までの寸法公差との違いを明確にし、幾何公差ならではの効率的な適用方法、及びその測定・検証方法を、eラーニングシステムを使った講義(ビデオ・音声含む)、理解度チェックを受講することにより、効率的に学習ができます。

 

適用するメリットの大きい最大実体公差方式についても紹介し、ものづくりの国際競争力を付けることを目的としています。

 

講座イメージ画像

PLANER E-ラーニング

メイン画面では、音声と動きのあるアニメーションを使って幾何公差をわかり易く説明。
右上のサブ画面では、3次元モデルや測定現場の風景の動画が表示される。

 

 

【受講対象者】
  ■設計・開発・生産技術・製造・検査・品質管理部門及びその方々を指導される方
  ■海外企業との図面授受や発注に携わる方
  ■幾何公差導入の必要性を感じている方。
  ※現在は、企業単位での受講のみ受け付けております。

 

2.プログラム

第1章幾何公差の基本
…対象者:全員・管理者・マネージャー
1-1幾何公差の用語
1-2幾何公差の種類
1-3データム
1-4幾何公差図示方法の基本
1-5形状公差
1-6姿勢公差
1-7位置公差
1-8振れ公差
1-9より有効な活用方法
1-10幾何公差導入の効果、普及への課題
まとめ、コラム:幾何公差図面を読むポイント

 

第2章幾何公差の図示方法
…対象者:設計者
2-1図示方法の詳細
2-23平面データムとCMM
2-3補助データムの構築
2-4幾何公差の命であるデータム設定
2-5各種幾何公差の詳細と使い分け
2-6より有効な活用方法
2-7関連公差(普通公差・はめあい・JIIS)
まとめ、コラム:出図前の確認ポイント

 

第3章幾何公差の測定技術
…対象者:品質保証・製造関係者
3-1幾何公差と測定技術の概要
3-2幾何公差に使用される測定装置
3-3測定に関する精度と誤差
3-4CMMの基本
3-5ワークのセッティングと測定方法
3-6測定データと工程能力
3-7製品化フェーズの違いによる測定技術の使い分け
まとめ、コラム:幾何公差の普及を握る測定技術の進化、管理方法

 

第4章最大実体公差方式
4-1最大実体公差方式の用語
4-2最大実体公差方式の考え方
4-3最大実体公差方式のメリット
4-4最大実体公差方式の説明・適用

 

3.受講時間(目安)

  全6時間程度
    ※講義・理解度チェックを含めて 3時間/日 受講した場合 2日間程度

 

4.学習利用環境

  eラーニング利用には、以下のPC、WEB環境が必要になりますので、ご理解ください。

 

PC Windows Mac
 OS  Windows10 ※1    
Windows8、8.1 ※2  
Windows7
Mac OS X 10.8以上 
 CPU  Intel Core2 21.0GHz 相当以上を推奨 Intel x86 プロセッサ搭載 
 メモリ   2GB以上  
 画面サイズ   解像度1280 x768、16 ビット以上を表示可能なカラーモニタ  
 ハードウェア環境   ヘッドホンまたはイヤホン ※3
 ブラウザ  Internet ExplorerR9以上 
 FirefoxR 最新版 
Chrome 最新版
Safari 最新版 FirefoxR 最新版
Chrome 最新版 
 プラグイン  Adobe Flash Player 10以上  ※4  
 PDFリーダー   Adobe Reader7以上  ※4   
 ネットワーク   インターネットに接続可能な環境(1.5Mbps以上の回線を推奨) ※5
 スマートデバイスの
 動作環境
  ※3 ※5 ※6
 iPhone: iOS 7以上  iPad: iOS 7以上   Android: Android 4.2以上
※標準ブラウザ(iOSの場合にはSafari)のみサポート対象とします。
※教材も上記機種に対応している必要があります。  

※1 Edge以外のブラウザをご利用ください。Edgeでは一部表示の不具合が確認されています。
※2 Windows8系特有のインターフェイス(メトロモード)で閲覧するとき、教材画面を開いているタブから学習画面に戻る際に20〜30秒ほどかかる
ケースが報告されています。操作しにくい場合はデスクトップモードで閲覧してください。
※3 音声付の教材を提供しておりますので、サウンドボードの装備、ヘッドホンまたは、イヤホンのご利用を推奨します。コースによっては、音声が
必須の場合があります。
※4 「Adobe Flash Player」、「Adobe Reader」は、無償のプラグインです。お持ちでない方は、Adobe Systems社のホームページから
ダウンロードしてください。
※5 通信回線料は、お客様のご負担でお願いいたします。
※6 画面サイズが十分確保できる、タブレットでの学習を推奨しています。
コースによって、ディスプレイ解像度、ブラウザのバージョンに上記以外の制限があります

 

講座受講料

ご希望コース

受講単価

@ 第1章「幾何公差の基本」
対象者:全員・管理者・マネージャー向け

20,000円

A 第1章 + 第2章「幾何公差の図示方法」
対象者:設計者

30,000円

B 第1章 + 第3章「幾何公差の測定技術」
対象者:品質保証・製造関係者

30,000円

C 第1章 + 第2章 + 第3章
対象者:幾何公差の基本を全てを学びたい方

40,000円

D 第4章「最大実体公差方式」
対象者:最大実体公差方式について学びたい方

5,000円

E 第1章 + 第2章 + 第3章 + 第4章
対象者:幾何公差の基本を全てを学びたい方

45,000円

 

提供会社

株式会社PLANER 株式会社プラーナー
〒393-0033 長野県諏訪郡下諏訪町9177-1

 

PLANER 幾何公差の基礎

 

 

 


このページの先頭へ戻る