理想標準原価を実現する製造段階での原価革新

やさしい技術

 

クラス 中級
学習期間 3ヶ月 (目標6時間)
受講料 個人受講料:15,000円/法人受講料:15,000円
教材・テスト形式 Eラーニング >>サンプルはこちら

 

MEマネジメント 申し込み

 

カリキュラム概要

1 理想標準原価管理のねらい

  1-1 製造段階の原価ロスとコストダウンの狙い所
  1-2 コストダウンの2つの側面
  1-3 理想標準原価管理の狙い

 

 

 

2 理想標準原価管理システムの設計

  2-1 理想標準原価管理システムの作り方
  2-2 理想標準原価管理システムのステップ

 

 

 

3 歩留管理によるコストダウン

  3-1 材料費・外注費の差異分析
  3-2 価格ロスと歩留ロスの内容と分類
  3-3 歩留管理システムの作り方
  3-4 歩留率向上のポイント

 

 

 

4 不良低減によるコストダウン

  4-1 不良ロスの内容
  4-2 不良低減のポイント

 

 

 

5 賃率ロス・時間ロスの低減

  5-1 労務費の差異分析
  5-2 賃率ロスの低減
  5-3 時間ロスの内容と分類  

 

 

 

6 工数・設備効率向上によるコストダウン

  6-1 パフォーマンス管理システの作り方
  6-2 パフォーマンス管理
  6-3 能率向上のポイント

 

 

 

7 経費低減によるコストダウン

  7-1 製造経費の差異分析
  7-2 変動費の低減余地の見つけ方
  7-3 変動・固定経費低減のポイント

 

 

 

8 生産計画段階のコストダウン

  8-1 操業計画のレベルとコストダウン
  8-2 操業度のコントロールによる負荷と能力の調整

 

 

提供企業

やさしい技術


このページの先頭へ戻る