標準時間の設定と生産性改善

やさしい技術

 

クラス 中級
学習期間 3ヶ月 (目標6時間)
受講料 個人受講料:15,000円/法人受講料:15,000円
教材・テスト形式 Eラーニング >>サンプルはこちら

 

MEマネジメント 申し込み

 

カリキュラム概要

第1章 標準時間の概要

1-1 標準時間設定の目的とレベル
1-2 標準時間の構成
1-3 設備に対する標準時間設定

 

 

 

第2章 標準時間設定に必要なIEの基礎

2-1 IE(インダストリアル エンジニアリング)とは何か
2-2 直接時間研究とレイティング
2-3 ワークサンプリング
2-4 標準時間の設定手法

 

 

 

第3章 標準時間資料の作成方法

3-1 合成法による標準時間資料の作成方法
3-2 分析法による標準時間資料の作成方法
3-3 余裕率の設定方法

 

 

 

第4章 分析型標準時間資料作成に必要な統計の基礎

4-1 2変数の関係を読む回帰分析
4-2 多変数の関係を読む重回帰分析
4-3 設備の標準時間設定に有効な実験計画法
4-4 実験結果のデータ解析テクニック

 

 

 

第5章 標準時間時間資料の工数見積り面での活用

5-1 工程設計・工数見積の手順とチェックポイント
5-2 CAD・図面情報からコストを読む
5-3 CAD見積システム構築事例

 

 

 

第6章 標準時間の生産管理面での活用

6-1 生産計画のレベルとコストダウン
6-2 コスト的にメリットのある負荷調整手段
6-3 段取費用と在庫費用の最適化

 

 

 

第7章 標準時間の工数・設備効率管理面での活用

7-1 工数・設備効率管理のやり方
7-2 作業者の時間のムダ、管理者の時間のムダ
7-3 人と設備を上手に使うポイント

 

 

 

第8章 標準時間の標準原価管理面での活用

8-1 標準原価管理の仕組み
8-2 標準原価計算のやり方
8-3 労務費の差異分析
8-4 停止時間削減効果の算定

 

提供企業

やさしい技術


このページの先頭へ戻る