最適設備設計と設備投資の経済計算 

やさしい技術

 

クラス 上級
学習期間 3ヶ月 (目標6時間)
受講料 個人受講料:15,000円/法人受講料:15,000円
教材・テスト形式 Eラーニング >>サンプルはこちら

 

MEマネジメント 申し込み

カリキュラム概要

1 生産技術段階のCD余地を追求する

1-1 生産技術段階のコストダウン焦点は加工費
1-2 加工費の基本機能、補助機能、ロスとCD余地
  1-3 加工時間の基本機能、補助機能の中身を分析する

 

 

 

2 デザインアプローチによる生産設計(1)

2-1 生産設計とIE・品質工学
  2-2 デザインアプローチによる工程パラメータ設計

 

 

 

3 工程パラメータ設計に必要な統計入門

3-1 ばらつきの計算方法
  3-2 分散分析表
   3-3 直交表のデータ解析

 

 

 

4 デザインアプローチによる生産設計(2)

4-1 工程パラメータ設計の事例
  4-2 デザインアプローチによる作業設計
4-3 循環型生産システム実現に向けて
   4-4 環境を考慮した組立性・分解性設計

 

 

 

5 自動化の優先順序

  STEP1 自動化マップ作成、STEP2 材料標準化検討
  STEP3 作業標準化の検討、STEP4 自動化の容易性
  STEP5 自動化による効果、STEP6 作業環境の考慮
  STEP7 優先順序の決定

 

 

 

6 経済性工学の基礎

6-1 お金の計算には3種類ある
  6-2 意思決定の原則
   6-3 機会損益
   6-4 判断指標の選択

 

 

 

7 投資と利率の計算

  7-1 お金の時間的価値とは何か
   7-2 お金の時間的価値の計算
   7-3 どのような時にどの係数を使うのか

 

 

 

8 設備投資の経済計算

8-1 生産資源の最適組み合わせ
8-2 設備投資のプロセス
8-3 設備投資の種類と経済計算
   8-4 新規投資(増産投資、製品投資)
   8-5 取替投資
   8-6 省力投資

 

 

提供企業

やさしい技術

 


このページの先頭へ戻る