VE・TRIZを活用した開発設計段階の原価革新

やさしい技術

 

クラス 中級
学習期間 3ヶ月 (目標6時間)
受講料 個人受講料:15,000円/法人受講料:15,000円
教材・テスト形式 Eラーニング >>サンプルはこちら

 

MEマネジメント 申し込み

 

カリキュラム概要

1 原価企画の目的

  1-1 社会環境の変化と原価企画の意義
  1-2 原価企画の目的と手順

 

 

 

2 原価企画の手順

  2-1 環境コストを配慮した目標売価の設定
  2-2 見積原価の設定
  2-3 改善の可能性を余地分析で追求する
  2-4 目標原価の設定と割当
  2-5 目標原価達成率・コストダウン達成率

 

 

 

3 開発・設計段階のVE改善アプローチ

  3-1 VE(価値工学)とは
  3-2 製品仕様を定義する
  3-3 製品機能を定義する

 

 

 

4 アイデア発想から最適構造への追求

  4-1 改善の方向性・攻め所を決定する
  4-2 アイデアを発想する
  4-3 最適構造を検討する
  4-4 過剰機能・過剰品質を追求する

 

 

 

5 世界の発明原理TRIZを使ったコストダウン

  5-1 TRIZの誕生と有効性
  5-2 TRIZの考え方の特徴
  5-3 対立マトリックスの概要
  5-4 対立マトリックスを使いこなす

 

 

 

6 TRIZのツールとコストダウン事例

  6-1 6000ある世の中の科学的原理の活用
  6-2 技術的問題を物質−場分析で解決する
  6-3 VE・TRIZを活用したコストダウン事例

 

 

 

7 部品の標準化技術と開発費の低減

  7-1 標準化技術
  7-2 標準化の効率的な進め方
  7-3 固定変動分析と部品の標準化

 

 

 

8 モジュール化と標準化の評価

  8-1 モジュール化の検討
  8-2 レンジ・系列化の検討
  8-3 標準化の評価

 

 

提供企業

やさしい技術


このページの先頭へ戻る