金型コストテーブルの作成

やさしい技術

 

クラス 中級
学習期間 3ヶ月 (目標6時間)
受講料 個人受講料:15,000円/法人受講料:15,000円
教材・テスト形式 Eラーニング >>サンプルはこちら

 

MEマネジメント 申し込み

 

カリキュラム概要

1 見積原価計算の基礎知識

1-1 見積原価計算の算式
1-2 見積には粗さがある
1-3 概算・基本見積:迅速で正確な見積をする
1-4 見積にはデータベースが必要になる
1-5 コストテーブル:概算見積のデータベース

 

 

 

2 材料費・加工費の詳細見積

2-1 材料単価マスターの作り方
2-2 材料消費量計算のやり方
2-3 製品別材料費を計算してみる
2-4 加工費レートの設定手順
2-5 加工時間の見積
2-6 製品別加工費を計算してみる

 

 

 

3 工程設計・工数見積のやり方

3-1 新規工程設計・工数見積
3-2 類似工程設計・工数見積

 

 

 

4 原価データの活用と損益分岐点分析

4-1 損益分岐点とは何か
4-2 限界利益を増やすには
4-3 限界利益を使った意志決定

 

 

 

5 価格見積と見積書の提示 

5-1 見積書の提出まで
5-2 販売価格の計算と売価決定のしくみ
5-3 見積書の書き方
5-4 値下対抗策の一般原則

 

 

 

6 購買レベルとコストダウン余地分析

6-1 購買レベル
6-2 購入価格低減余地
  6-3 購買部門の業績と購買効率管理

 

 

 

7 購入先選定とグローバル購買

7-1 海外生産・調達の得失
7-2 購入先の新規開拓と評価

 

 

 

8 購入価格の低減策

8-1 一律数lコストダウン要請
8-2 単価のバラツキ是正によるコストダウン
8-3 理想購買価格の追求
8-4 単価査定基準に基づく単価折衝
8-5 購買契約方式の組み合わせ
8-6 企画購買と Cconcurrent Engineering

 

 

提供企業

やさしい技術

 


このページの先頭へ戻る