外注価格査定テーブル

やさしい技術

 

クラス 中級
学習期間 3ヶ月 (目標6時間)
受講料 個人受講料:15,000円/法人受講料:15,000円
教材・テスト形式 Eラーニング >>サンプルはこちら

 

MEマネジメント 申し込み

 

カリキュラム概要

1 外注価格の低減余地と価格査定基準の設定

   1-1購入価格の低減余地
   1-2外注単価の構成と見積レベルの設定

 

 

 

2 材料費査定(価格)資料の作り方

2-1材料単価表の体系分類
2-2材料単価表の作り方

 

 

 

3 材料費査定(消費量)資料の作り方と材料費計算

3-1材料消費量計算のやり方
3-2材料費計算のやり方

 

 

 

4 賃率・加工費レート査定資料の作り方

4-1加工賃率(加工費レート)の意味
4-2加工賃率(加工費レート)の設定
4-3設備費・加工費を査定する

 

 

 

5 標準時間査定資料の作り方 

5-1標準時間の構成
   5-2標準時間の設定手法
5-3標準時間資料の作成と余裕率

 

 

 

6 時間計算と加工費計算のやり方

6-1時間計算のやり方
6-2加工費計算のやり方

 

 

 

7 外注価格査定に必要なコストテーブルの作り方

7-1コストテーブルの種類と見積システム
7-2コストテーブルの作り方

 

 

 

8 外注価格査定テーブルの活用によるコストダウン

8-1購買部門の業績と購買効率管理
8-2査定テーブルの活用とコストダウン事例
8-3外注評価の考え方

 

 

提供企業

やさしい技術

 


このページの先頭へ戻る