企業価値を創造する原価革新活動の推進

やさしい技術

 

クラス 上級
学習期間 3ヶ月 (目標6時間)
受講料 個人受講料:20,000円/法人受講料:20,000円
教材・テスト形式 Eラーニング >>サンプルはこちら

 

MEマネジメント 申し込み

 

カリキュラム概要

 1.原価革新を実現するコストマネジメント

1-1 日本はモノ作り大国か
1-2 経営環境変化と対応策
1-3 何を作るか:コア・コンピタンスとは何か
1-4 原価低減活動から原価革新活動への条件

 

 

 

2.コストを見えるようにする

2-1 プロセス別のコスト分析:誰が
2-2 見えないロスの顕在化:何をすれば
2-3 コストダウンの容易性分析:どれくらい
2-4 理想目標原価の追求(技術段階)
2-5 理想標準原価の追求(製造段階)

 

 

 

3.理想原価を3年で達成するコストダウン計画

3-1 理想原価を実現する製造予算編成
3-2 製造予算編成は成行予算から
3-3 理想原価を3年で達成するコストダウン計画
3-4 年次・月次製造予算

 

 

 

4.財務につながる原価のしくみ

4-1 財務と管理会計上の原価
4-2 2つのコストマネジメント
4-3 改善活動のコストダウン評価
4-4 管理活動のコストダウン評価

 

 

 

5.技術段階の原価革新

5-1 設計:過剰品質・機能から適正品質へ
5-2 設計:最適コストシミュレーション
5-3 設計:標準化を推進する
5-4 生技:最適生産を追求する
5-5 生技:過大設備を解消する

 

 

 

6.製造段階の原価革新

6-1 製造:日常の管理活動を強化する
6-2 生管:生産の4要素を管理する
6-3 生管:労務費を変動費化する

 

 

 

7.購買段階の原価革新

7-1 狭域購買から広域購買へ
7-2 管理購買から技術購買へ

 

 

 

8.管理間接段階の原価革新

8-1 間接業務を見えるようにする
8-2 間接部門の資源を最適配分する
8-3 理想の間接費を追求する

 

提供企業

やさしい技術


このページの先頭へ戻る