コスト算定段階の原価革新

やさしい技術

 

クラス 中級
学習期間 3ヶ月 (目標6時間)
受講料 個人受講料:15,000円/法人受講料:15,000円
教材・テスト形式 Eラーニング >>サンプルはこちら

 

MEマネジメント 申し込み

 

カリキュラム概要

1.技術者に必要な原価計算の基礎知識

1-1原価の仕組みと原価計算の体系的な整理
1-2製品多様化時代の原価計算
1-3事前コスト検討に必要な原価計算

 

 

 

2.技術者に必要な見積原価計算のやり方

2-1見積原価計算の仕組み
2-2材料単価表の作り方

 

 

 

3.技術者に必要な材料消費量と材料費計算のやり方

3-1材料消費量計算のやり方
3-2材料費計算のやり方

 

 

 

4.技術者に必要なレート計算のやり方

4-1加工賃率(加工費レート)の意味
4-2加工賃率(加工費レート)の設定
4-3設備費レートの設定

 

 

 

5.技術者に必要な時間計算と加工費計算のやり方

5-1時間計算のやり方
5-2加工費計算のやり方

 

 

 

6.技術者に必要な原価計算の活かし方…T

6-1コストダウン対象製品を探すための原価計算
6-2材料費の改善に関する原価計算

 

 

 

7.技術者に必要な原価計算の活かし方…U

7-1加工費の改善に関する原価計算
7-2過剰品質の改善に関する原価計算

 

 

 

8.技術者に必要な現場で役立つ損得計算

8-1赤字製品の生産を中止するか継続するか
8-2製品、部品の標準化推進に必要な原価計算
8-3最適設備を選ぶための原価計算
8-4停止時間削減、不良半減効果を算定する原価計算

 

提供企業

やさしい技術


このページの先頭へ戻る