NBLAekisupa

動画でなっとくメカトロニクス講座(CD-ROM付き)

NBLAekisupa

CD-ROMの動画で理解しやすい

 

 

 

NBLAekisupa

学習期間 4 か月
受講料 個人・法人受講料:35,640円
教材・テスト形式 テキスト4冊/テスト4回  テスト形式:郵送のみ CD-ROM 1枚(Windows対応)
●この講座は、郵送によるテストの提出と添削の返却です。

 

講座一覧

 

講座概要

生産機器、生産設備は今やメカトロニクスによりほとんどの場面で自動化され、生産技術レベルは増々高度になってきています。 
メカトロニクス技術は、メカニズムとエレクトロニクスの広範な知識が必要ですが、そのための教育は大学・専門学校では実現されておらず、企業内でもまだまだ十分に行われているとはいえないのが現状です。

 

本講座は特に機械系技術者向けに、電子部品や電子回路の基礎を解説しながら、センサやアクチュエータの選び方、マイコン(PIC)とのつなぎ方等のメ力トロニクスの基礎から応用までをわかりやすく指導しています。また、CD-ROMに収録された動画によりセンサやアクチュエータの働きを視覚的に表現し、文章と図だけでは説明が不十分なところも理解しやすくなっています。

 

到達目標

エレクトロニクスの基礎である電子回路図が読め、制御方法が理解できるようになります。
●メカトロニクス機器・設備を構成する部品(センサ・アクチュエータ)とその使い方を理解できます。
●センサやアクチュエータの選び方、マイコン(PIC)とセンサ・アクチュエータとの結びつきが理解できます。
●メカトロニクス機器設計において、エレクトロニクス技術者と対等に話ができる力が身につきます。

 

受講対象

●エレクトロニクスの知識を身に付け、メカを電子制御したい機械系技術者
●研究・開発、機械設計に携わっている機械系技術者の方。
●生産技術・設備保全、自動機のメンテナンスに携わっている機械系技術者の方。
●メカトロニクス機器・回路設計全般のイニシアチブをとりたいという機械系技術者の方。
●機械と電気との関係を把握したいという電気・電子技術者の方。

 

講座の特長

[CD-ROMの副教材]
・動画の使用により、電子回路、センサ、アクチュエータの働きを視覚で直感的に理解できます。

 

監修・執筆

●職業能力開発総合大学校  塩田 泰仁
●近畿職業能力開発大学校  北 正彦
●千葉職業能力開発大学校  玉井 瑞又

 

テキスト概要

1. センサの選び方・使い方

1.メカトロニクスシステムについて
2.センサの使い方(その1:位置センサ、速度センサ)
3.センサの使い方(その2:温度、光、磁気、半導体センサ)
4.センサの信号処理とコントローラ

まず、メカトロニクスシステム全般の基本構成について学習し、センサ、アクチュエータ、コントローラの役割を理解します。次に、メカトロニクスシステムの中で最も興味深く理解しやすいセンサについて学習します。様々な種類のセンサがどんな変化を捕らえて電気信号に変換するか、その信号をどのように処理してマイコンに送るかを理解し、制御のためにはどんなセンサを選べば良いかが分かるようになります。

 

2. メカトロニクスの電子部品基礎

1.電子部品の使い方
2.ディジタルICの使い方
3.アナログICの使い方
4.電子部品の実際

はじめてメカトロニクスを学ぶ機械系技術者の方のために、電子部品や電子回路の基礎を実例を交えながら分かりやすく解説します。回路図の読み方、マイコンの構造について学びます。

 

3. サーボモータの利用法

1.アクチュエータの種類と使い方
2.アクチュエータの選び方
3.アクチュエータの駆動
4.駆動回路と応用例

アクチュエータはマイコン制御によって駆動するモータやシリンダ等の動力装置です。物理の基礎知識にも触れながらその仕組みを理解します。また、自動的に進路をキャッチしてモータで移動するトレースロボットの製作事例を通じてアクチュエータの選び方と使い方を学習します。

 

4. コンピュータによる機械制御

1.コンピュータによる制御
2.マイコンによる機械制御
3. PIC(PIC16F84)の使い方
4. PICによる制御プログラム

IC、センサ、アクチュエータといった個々の部品をどのように組み合わせ、どのように制御していくのかについて学習します。コントローラとしてパソコン、マイコン(PIC)による接続方法及びプログラムを取り上げます。

 

NBLAekisupa受講生の声

● 全体に満足しているが、テキストの内容がもう少し詳細で、事例や例題が豊富だと、より分かりやすいと思う。
● メカトロニクスを学ぶよいきっかけになる。
● 不得手の範囲に対して、以前より抵抗力がつき、興味が湧いてきた。
● 広い内容をよく纏めてわかるように作ってあると思いました。
● よい勉強ができました。とても助かりました。

 

提供会社

NBLAekisupa

轄H学研究社


このページの先頭へ戻る