NBLAekisupa

現場で役立つモータ制御活用講座

NBLAekisupa

モータの正逆転からサーボまで!

 

 

 

NBLAekisupa

学習期間 3 か月
受講料 Web記述:22,680円/webテスト:21,060円:
教材・テスト形式 テキスト3冊/テスト3回  テスト形式:webテスト

●テストは全てWebを活用しますので、 受講にはインターネット環境が必要となります。
 【テスト提出のための学習環境】インターネットエクスプローラ(IE)7.0以上

 

講座一覧

 

講座概要

工場内生産設備や各種電気・機械製品などでは、さまざまな自動化技術が使われています。その自動化技術の駆動系として自動化を支えているのがモータ制御技術です。
しかし、機械系技術者から機械の設計はできたが、モータ選定を誤ったために制御システムに無駄に複雑なシステムを付加しなければならず困ったという声も多く聞かれます。これは、
現在のモータがユニット形式でブラックボックスとして扱われているために、モータの基礎知識の習得がおざなりにされていることが原因です。そこで本講座では、モータの基礎、モータの種類とその特徴、またどういった用途にはどの様なモータが適切であるのかをわかりやすく解説します。自動化技術に関わるすべての設計技術者の方に有効です。

 

現在では、ACサーボモータの制御技術が大きく変化してきましたが、現在はモータの理論を深く学ばなくても、サーボモータを使えるようになりました。生産現場では、サーボモータの理論書はあっても手順書がありませんので、今回はこれをコンセプトとして改訂いたしました。

 

また改訂に伴い、ACサーボモータを紙面で動かしてみるという実践的内容も新たに学習できるようになりましたので、今まで以上に基礎から応用までを学習できる講座として生まれ変わりました。

 

到達目標

●モータの種類と特徴が分かります。
●機械設計の際のモータ選定ができるようになります。
●モータ制御システムが分かります。

 

受講対象

●メカトロニクス関連の設計・生産技術者
●工場設備の担当者
●はじめてモータ制御を学ぶ方
●モータの基礎から応用まで学習したい方
●機械の基礎を理解している方

 

講座の特長

●修了基準:受講期間内に全添削提出、かつ平均60点以上

 

テキスト概要

1. モータの基礎

1.モー夕の種類と選び方
2.モータの特性と使い方
3.サーボを動かしてみる(1)
4.サーボモータ

ある一つのメカニズムを駆動するのにどんなモータを選んで、どの様に制御すればよいのかを知りたいというのは設計・生産技術者が共通に持つ願いと言える。本分冊では、設計者がモータをシステムに組み込むときに常に考えなければならないこと、モータの特性と使い方、モータの原理、サーボモータとはいったいどんな技術なのかを学習する。

 

2. DCモータと誘導モータ)

1.DCモータと制御
2.誘導モータと制御
3.インバータとその応用
4.モータとメカニズム

最近のFAでは多くの種類のモータが使われているが、直流モータか誘導モータの どちらかの原理によるものが中心となっている。本分冊では、直流モータの基本特性と可変速制御、交流モータの代表である誘導モータの基本特性について学ぶ。また最近、急速に応用範囲を広げている汎用インバータによる速度制御、ベクトル制御による高速応答について学習する。さらに専門家ですら選定を迷ってしまう用途別モータの選定方法を広い視野で判断できる知識を習得する。

 

3. サーボモータの利用法

1.サーボモータシステムの構成
2.センサ
3.サーボコントローラ
4.サーボを動かしてみる(2)

サーボモータはロボットやNC工作機械に代表される各種の自動機械の動力源として、また、回転速度と停止位置の制御を指令どおりに行うことのできるモータとして現在広く応用されている。本分冊ではサーボモータを実際に選定する時に必要となる各種サーボモータの特徴とその使い方を学ぶ。サーボモータ制御を今一度紙上で動かしてみて、ここまでに学習した知識を再確認する。

◎本講座は、「モータ制御と選び方講座」の改訂版です。

 

NBLAekisupa受講生の声

● 基礎的な内容から希望していた内容まであり、大変役に立った。
● 各モータの用途・特徴が分かりよかった。
● 初心者向けのモータ制御講座として、分かりやすく興味ある内容だった。
● モータの選定方法がわかり、仕事に役立った。
● 全般的にはよかったが少しインバータに関する解説を増やして欲しい。

 

提供会社

NBLAekisupa

轄H学研究社


このページの先頭へ戻る