海外でものづくり英語入門講座

NBLAekisupa

グローバルエンジニア必須!!

NBLAekisupa

学習期間 3 か月
受講料 個人/法人受講料:26,460円
教材・テスト形式 テキスト3冊/テスト3回  テスト形式:webテストのみ

ダイアログ・ネイティブ音声付き(MP3音声ファイルは、受講生ルームからダウンロードできます。


●テストは全てWebを活用しますので、 受講にはインターネット環境が必要となります。
 【テスト提出のための学習環境】インターネットエクスプローラ(IE)6.0以上

 

講座一覧

 

講座概要

海外展開をすすめてきた多くの製造業では、欧米・アジア・中国などの生産工場で日本人技術者や管理者の方が外国人と業務上のコミュニケーションをとったり指導したりする場面が多くあります。そこで必要になるのが英語によるコミュニケーション能力です。
幸いにも多くの企業で英語教育に力を入れ、一般のコミュニケーションには支障のない方々が増えてきましたが、海外工場でのやりとりでは、より実際の業務に密着した技術系の英語力とボキャブラリーが必要となります。
本講座では、海外の工場で生産に携わる技術者や管理者のための英語のコミュニケーションを、モノの流れ、お金の流れ、品質と納期をキーワードに日本語対訳つきで学習します。
新人研修・技術指導やマネジメント研修への導入として、グローバルなものづくりに必要な基礎スキルを身に付けましょう。

到達目標

●会社のしくみ、生産方式、生産管理、財務会計、管理会計、コストダウン、品質管理、品質検査と品質保証、物流についての概要とその英語表現が身に付きます。
●海外生産工場で使われている業務英語を概ね理解できるようになります。

 

受講対象

●製造業に携わる方。
●海外の工場に派遣される可能性のある技術者、マネージャ候補の方。
●生産工場の仕事の流れを概ね理解している方。    
●中学卒業程度の単語と文法を理解している方。

 

講座の特徴

・始めから英語がでてくると苦手意識を持ってしまう方も多いはずです。本講座の構成は、概要・ストーリーと用語はまず日本語で理解し、その後で英語ではどのように表現するのかを学習するという対訳方式の手順を踏みます。英語の意味があやふやなために内容がきちんと理解できないということを防ぐ工夫をしています。
・工場におけるものづくりの基礎知識を再確認することができます。
・ものづくりの基本的な用語や表現を日本語と英語で対比して覚えられます。
・ダイアログはネイティブによる音声をダウンロードできます。
・各Chapterは4つのUnitで構成されています。各Unitは概要→ダイアログ→詳細解説→英語表現のポイントの順で説明されています。

 

テキスト概要

1. Book モノの流れ

Chapter1 会社のしくみ
購買/製造/営業/経理
Chapter2 生産方式の概要
受注生産/見込み生産/ユニット生産/海外生産
Chapter3 生産管理とIE
プッシュ方式とプル方式/設備効率と設備保全/生産統制/インダストリアル・エンジニアリング
Chapter4 生産管理と外注管理
生産計画_1/生産計画_2/外注管理_1/外注管理_2

ここでは、会社のしくみ、生産方式の概要、生産管理とIE 、生産管理と外注管理についてそれぞれのチャプターに分けて学習します。

 

2. Book2  お金の流れ

Chapter1 財務会計
売上と費用と利益/変動費と固定費/損益計算書/賃貸対照表
Chapter2 管理会計
直接費と間接費/原価集計(組立型企業)/原価集計(設備型企業)/標準原価
Chapter3 コストダウン_1(購買)
購買の役割/開発購買/情報購買/集中購買
Chapter4 コストダウン_2(設計)
標準化/部品数削減/材料歩留まりアップ/VE

ここでは、財務会計、管理会計、コストダウン_1(購買)、コストダウン_2(設計) についてそれぞれのチャプターに分けて学習します。

 

3. Book3 品質と納期

Chapter1 品質管理
品質管理/安定した工程のための管理図/5S/金型と図面
Chapter2 品質検査と品質保証
品質検査/品質保証/ISO品質規格/環境マネジメントシステム(ISO14001)
Chapter3 物流(資材業務関連)
資材部門の役割/グローバルな資材調達/海外調達物流においての特恵関税/リードタイムと仕掛品の削減
Chapter4 物流(在庫管理と倉庫)
倉庫の役割/倉庫管理_期末棚卸/ABC分析/納期と在庫ゼロ方式の方向

ここでは、品質管理、品質検査と品質保証、物流(資材業務関連)、物流(在庫管理と倉庫) についてそれぞれのチャプターに分けて学習します。

 

提供会社

NBLAekisupa

轄H学研究社

 

 


このページの先頭へ戻る