NBLAekisupa

コミュニケーション技法講座

NBLAekisupa

こんなことを学びます!
●ロジカル(論理的)にコミュニケーションするためのテクニック
●プレゼンテーションにおける話し方、ボディーランゲージ、ビジュアル表現のテクニック
●ディベートの準備から実践までのテクニック

NBLAekisupa

学習期間 2 か月
受講料 webテスト:15,120円
教材・テスト形式 テキスト1冊/テスト2回  テスト形式:webテスト

●テストは全てWebを活用しますので、 受講にはインターネット環境が必要となります。
 【テスト提出のための学習環境】インターネットエクスプローラ(IE)7.0以上

 

講座一覧

 

講座概要

一般的に、「ヒューマンスキル」とは、相手の望むことを正確に理解して新しい人間関係を構築する技法です。
ヒューマンスキルを身につけるためには、ロジカルコミュニケーション力、プレゼンテーション力、ディベート力が必要とされています。これらについての解説を行い、それぞれの基礎について事例を基に学びます。
コンピュータを中心とした人間社会となった現在でも、周囲との人間関係を構築し、チームとして活動することが非常に重要であると考えます。
本講座で「ヒューマンスキル」を身に着け、モノ作りの現場で実践してください。

 

到達目標

●相手の意図していることを正確に認識することができる
●相手に自分の意図していることを正確に伝えることができる
●相手に自分の考えを納得してもらえる
●意見を集約して結論を出せるようになる

 

講座の特長

こんなことを学びます!
●ロジカル(論理的)にコミュニケーションするためのテクニック
●プレゼンテーションにおける話し方、ボディーランゲージ、ビジュアル表現のテクニック
●ディベートの準備から実践までのテクニック

 

「人として周囲との良好な人間関係を築き上げ、それを維持する能力」が「ヒューマンスキル」です。本講座では、「ヒューマンスキル」を身に着けるための基本的な要素を、ロジカルコミュニケーション力、プレゼンテーション力、ディベート力に分類して解説を行い、それぞれの基礎について事例を基に学びます。

 

受講対象

●これからモノ作りに携わる新入社員の方
●自分の意思を人に伝えることが苦手な技術者の方
●相手の意図がくみ取れず会話に悩む技術者の方
●コミュニケーションを円滑にしたい技術者の方

 

監修・執筆

●財)東京顕微鏡院食品環境科学研究所 倉田 浩
●(株)ビー・エム・エル  井上富士男

 

テキスト概要

1. ヒューマンスキルの基本要素

1.ヒューマンスキルとは
2.ヒューマンスキルの5つの要素

現代は高度情報化社会、そしてIT 社会と呼ばれています。この社会で必要とされる技術を学び、また経験し、社会に必要な人間として認められることが、この社会で成功を収めるための出発点であるといえます。これらの経験および技術は、ビジネスの中で培われ成長していくものです。
コンピュータを中心とした人間社会において、周囲との人間関係を構築しながら成長するために最も必要なものは、なんでしょうか。その答えが「ヒューマンスキル」であると考えます。
一般的に、「ヒューマンスキル」とは、相手の望むことを正確に理解して新しい人間関係を構築する技法です。技法ということは、だれでも勉強することで身に着けることができるという意味を含んでいます。それでは、このヒューマンスキルとは、何なのか。それを明らかにしていきます。

 

2. ロジカルコミュニケーション技法の基礎

1.ロジカルコミュニケーションの基本と位置づけ
2.ロジカルコミュニケーションの基礎知識
3.ロジカルコミュニケーションの技法

ロジカルコミュニケーション技法の章では、コミュニケーションの基本を説明したあとに、ロジカル(論理的)にコミュニケーションするためのテクニックを紹介しています。現代社会において、特に重要度が増しているロジカルコミュニケーションというものに触れて下さい。

 

3. プレゼンテーション技法の基礎

1.プレゼンテーションの基本
2.プレゼンテーションの技法
3.プレゼンテーションにおける効果的な話し方
4.効果的なボディーランゲージ
5.効果的なビジュアル表現
6.プレゼンテーションにおける配慮点

プレゼンテーション技法の章では、話し方、ボディーランゲージ、ビジュアル表現についての基本を説明し、ビジュアル効果を豊富に取り入れたグラフ・図解などのサンプルをカラーで紹介しています。実際のプレゼンテーションの現場を想定して、実用的な情報をまとめています。

 

4. ディベート技法の基礎

1.ディベートとは
2.ディベートの基礎知識
3.ディベートの準備
4.ディベートの実践

ディべート技法の章では、教育の一環として広く採用され始めている「教育ディべート」の基本的な情報、ディべートの準備からディべートの実践までを、事例とともに紹介しています。

 

5. 総合演習問題

1.ヒューマンスキルに関する演習問題
2.ロジカルコミュニケーションに関する演習問題
3.プレゼンテーションに関する演習問題
4.ディベートに関する演習問題

各章末には「練習間題」を、最終章には「総合演習問題」を掲載し、理解の到達度を確認できるようにしています。
本書が、これから社会に巣立っていく学生の皆さんを含め、皆さんが充実した社会人生活をおくるための道しるべとなれば、この上もなく幸いです。

※本講座のテキストには、(株)SCC刊「コミュニケーション技法」を使用しています。

 

提供会社

NBLAekisupa

轄H学研究社

 

 


このページの先頭へ戻る