NBLAekisupa

設備・機械メンテナンス実務講座[機械要素・機構コース]

NBLAekisupa

●機械要素・機構のメンテナンス法がわかります。

 

 

 

NBLAekisupa

学習期間 3 か月
受講料 webテスト:11,880円
教材・テスト形式 テキスト2冊/テスト2回  テスト形式:webテスト

webテストはテストは全てWebを活用しますので、 受講にはインターネット環境が必要となります。
 【テスト提出のための学習環境】インターネットエクスプローラ(IE)6.0以上、MS-Office2000以上

 

講座一覧

 

講座概要

設備・機械の自動化が進めば進むほど、一度トラブルが発生してシステムがダウンしたときには、 その損害はかなり大きく、また、正常な状態に復帰させるにも長い時間が必要になります。 そこで、トラブルを未然に防ぎ、たとえトラブルが生じてもすぐに復帰できるというメンテナンス体制や オペレータの一人ひとりがメンテナンス技術を備えておくことが、生産現場ではますます重要な課題に なってきました。

 

そこで、今回、ロングセラーのこの講座を全面改訂しました。 トラブル要因ごとの5コース構成 (電気、メカトロニクス、油・空圧、材料と機械故障、機械要素・機構)は 従来のまま。メカトロニクス化の進んだ生産設備や機械装置に対して、自分で機械の保全を行いたいと考える 現代のオペレータのために、故障事例や写真・図を豊富に盛り込み、よりわかりやすくその構造と実務知識を 習得できるように工夫しました。 また、本当にメンテナンスのしやすい自動化設備を設計仕様とするエンジニアにも充分に役立つ構成となっています。

 

講座の特長

[改訂のポイント]
●単位系やシーケンス記号の古い記述をすべて更新しました。
●テスター、タイマー、センサ等の掲載写真を新機種のものに差換え、それに伴う記述を加筆・修正しました。
●トラブル事例、図・表等を新しいものに差換えました。
●受講生からの質問が多かった箇所を分かりやすい表現に書き直しました。

 

到達目標

●機械要素・機構のメンテナンス法がわかります。

 

受講対象

●特に前提となる知識は必要ありません。

 

テキスト概要

1. 機械要素とメンテナンス

1.リベット、溶接、ねじ
2.歯車、軸
3.軸受、はめあい
4.芯出し、潤滑剤、保全管理

ここでは故障診断の前提として、主な機械要素の構造と機能、生じやすい故障とその 影響を学習した上で、機械運転の監視と診断の要領、保全に対する心構え等を学習する。

 

2. 機構とメンテナンス

1.機構とその役割
2.機構とメンテナンス
3.メカトロニクスの精度と精度維持・保守
4.給油と日常点検

設備・工作機械に使われているカム・リンク機構を中心に、故障状態や精度劣化の原因、その対応について学習し、さらに予防保全として、給油と日常点検について学習する。

 

3. シーケンサの知識とメンテナンス

1.シーケンス制御の考え方
2.アナログとディジタル
3.プログラマブルコントローラの故障と対策(1)
4.プログラマブルコントローラの故障と対策(2)

ここでは工場でもっとも一般的になっているPC (プログラマブルコントローラ)を取り上 げ、基本構成、内部構造、センサとのつなぎ方をはじめ、シーケンスやその周辺機器の故障原因と対策についても学習する。

 

NBLAekisupa受講生の声

● 要点がまとめてあり、とても分かりやすかった。図も多用してあったのが良かったです。
● 学習するほど深い知識が頭の中に入っていくのが楽しかった。
● 機械の保全を自分で行なうポイント、トラブルに対しての体制かメンテナンスなどの大切さを知った。
● 設備、機械メンテナンスの知識を深めることができた。
● カム機構の項がわかり易く説明されていました。とても良いと感じました。

 

提供会社

NBLAekisupa

轄H学研究社

 

 


このページの先頭へ戻る