技術者向けアセスメント【 To Be エンジニア試験】

記入例

 

内景気の低迷、ますます激しくなるグローバル競争のなかで、 わが国を牽引してきた「ものづくり企業」では改めて技術者養成の重要性が見直されています。
それには入社3年目までの技術者教育が大きな影響を持っていると言われています。

 

しかし、 現状では、ゆとり教育などの影響もあり大学でのカリキュラム増加で圧迫された基礎教育を入社後に企業が負担しなければならないという状況があり、 具体的には以下のような問題点が指摘されています。

 

新人採用時において、大学教育の実態と企業の望む知識や素養が必ずしも一致してなく、 入社後のミスマッチが多発している。
配属前の基礎教育の負担が増加している。
即戦略が期待される若手技術者に要求される実務知識・能力は増加する一方だが、 そのようななかで若手技術者が自信を失いモチベーションを低下させている。

 

入社3年目まではその後に長く、企業の中核を担う技術者となるための幅広い基盤をつくるべき大変重要な時期です。

 

そこで、技術者教育の経験から入社から3年目までの技術系人材を「To-Beエンジニア」として、 「新人技術者」「若手技術者」の2つの階層にわけ、階層ごとに必要な共通知識を検討し明らかにして整理し、 To-Beエンジニア試験「新人技術者編」「若手技術者編」を開設しました。

 

試験の企画・作成にあたっては、職業能力開発総合大学校塩田泰仁教授を中心に、 代表的な製造業の教育・採用担当者の方々に参加をいただき、「To-Beエンジニア試験企画委員会」、 を設立し、企画内容、試験問題のあり方について検討を重ねてまいりました。

 

「新人技術者編」「若手技術者編」ともに各階層で必要な技術者としての基本知識を吟味・整理した上で専門分野別の技術教育マップにわけ、 あるべき基礎知識や技術者としての共通知識・常識を通じて適性を把握する問題を体系的にバランスよく出題することをめざしました。
人事戦略担当の方や採用・教育担当者の方で、 今後の技術者育成や人材の配置や配属などに客観的な基準が必要だと考える方に是非、 ご検討いただければ幸いです。

 

 

 

新人技術者編

 

入社試験、入社後の職能教育、配属・転属など、入社1年未満の新人技術者としてのさまざまなシーンで、理系人材の知識能力を分野ごとに数値的に明らかにすることができます。その見える化により、時に思いがけない能力や弱点を発見することもあります。試験結果を分析・活用することでミスマッチや判断ミスによる人的損失や教育のムダを大幅に減少させます。貴重な理系人材を効果的に教育し戦略的に活かすことが可能になります。また、日・中・英の三ヶ国語に対応していますので、グローバル人材能力を把握し教育を標準化したいとお考えの企業には最適のツールです。

 

試験対象者 入社試験受験者、入社1年前後の新人技術者
特長 ・国内外の理系の新人・中途の採用試験として活用できます。

・グローバルに新人技術者の標準能力診断ができます。
・新人技術者教育・研修の事前・事後の能力診断として活用できます。

※新人技術者編のみ中国語版・英語版を用意しています。(詳しくはお問合せください)

 

記入例

 

○上記@〜Dの各分野を選択できます。 ○各分野の設問数は全96問です。(各大項目よりバランスよく出題されています) ○標準問題は、@機械系A電気・電子系B情報系C共通の4分野より各分野30問計120問で構成されています。

 

記入例

 

※画像をクリックすると大きくなります。

 

若手技術者編

 

新人技術者から若手技術者へと脱皮する入社3年前後の時期は、企業の中核を担う一人前の技術者となるための幅広い基盤をつくるべき大変重要な時期です。そのためには、次の3つのプロセスが必要です。@3年目までに身に付けるべき基礎知識・能力を明らかにすること A若手技術者自身の知識・能力の強み・弱みを明らかにすること B企業戦略に基づいたあるべき技術者にむけて最も効果的・効率的な教育をすること。「若手技術者編」は長期的かつ戦略的な技術人材育成に向けての第一歩として、@とAにあたる「知識能力の見える化」を実現します。

 

試験対象者 入社3年前後の若手技術者
特長 ・企業の中核を担う人材となるべく基礎力を幅広く問う試験です。

・専門技術系と共通技術系の2種類の教育マップで構成されています。
・テクニカルスキルだけでなく、技術者として必要な共通知識や、社会人基礎力などの測定もできます。

※新人技術者編のみ中国語版・英語版を用意しています。(詳しくはお問合せください)

 

記入例

 

○上記の各分野を選択できます。 ○各分野の設問数は全128問です。(各大項目よりバランスよく出題されています)

 

記入例

 

※画像をクリックすると大きくなります。


このページの先頭へ戻る