TOEICテスト650点突破マラソン

キャリアアップに効くTOEICスコアを使える形で獲得する!

セミナー 実績

 

 

 

TOEICテスト

650点突破マラソン

TOEIC650

TOEICで650点を目指すと言っても、何をやったらいいのか分からない方も多いのではないでしょうか。
実は650点獲得のカギは、ほかでもない「中学校英語」にあるのです。

 

だから本講座では「中学校英語の定着」を目指します。

 

えっ、中学校英語じゃつまらない? そこは長年、通信講座を制作してきたノウハウで、ちゃんと楽しく味付けしています。

TOEIC650 TOEIC650 TOEIC650

「TOEIC(R)テスト650点突破マラソン」はあなたを飽きさせることなく650点突破に導きます。

 


 

学習期間 4カ月
受講料 参考一般価格 : 40,824円(税込) / 会員価格 : 36,742円(税込)

教材・テスト形式

● コースガイド/テキスト4冊/CD8枚/別冊「Take-It-With-You」4冊/マンスリーテスト4回/プライマリー、ファイナルテスト各1回(CD付き)/受験ガイド/特製CDケース/修了証(修了時)

開始レベルの目安 TOEIC450点〜、英検準2級

その他

総合監修 : 金谷憲(東京学芸大学特任教授)
通常、平日17:00までのご注文は、翌営業日(*)に発送センターより出荷します。

 

kikutan

 

>>この講座が目指すのはTOEIC650点突破。
>>そしてさらに、“使える英語”を身につけること

 

あなたがTOEICに挑戦するのは何のためですか?
仕事や日常で「英語が使えること」を証明するためですよね?

 

だったら、650点は取ったけど話せない、そんな本末転倒な学習はやめましょう。

 

>>使える英語力が身についたから、TOEIC650点が取れた

 

それがアルクの教材開発のポリシーです。
それが他社の講座にはないこの講座の特徴です。

 

最後にもう一度だけ。

 

この講座で学べば、
「TOEICで650点は取ったけど、実際には使えない」
そんなむなしい事態にはなりません。

 

さあ、本講座でTOEIC650点突破を目指しましょう!

 

主な学習法

リスニング中心の学習

「直解トレーニング」で、日本語に訳す時間を極限まで減らす!
TOEIC650

 

英語を日本語に訳す作業を減らせば、内容を理解するまでの時間が大きく短縮されます。
本講座では、英語の語順で「読み・書き・聞き・口に出す」トレーニングを採用。テキストの指示通りに練習することで、「英語を英語の語順のまま理解する速解力」が身につきます。

 

「場所」と「時間」はゼッタイに落とさない!「2Wトレーニング」
TOEICテストのリスニングセクションは、5W1Hを聞き取る問題が多いですが、特に正解率を上げやすいのは「時=When」と「場所=Where」を聞き取る問題。2Wトレーニングでは、この課題を解決します!

 

TOEIC650

 

テンプレート(定型文)を楽しくマスター!「定型文トレーニング」
600点レベルでスコアに大きな差が出るのがPart VIIの読解問題です。このパートに頻出する「新聞・雑誌記事」「手紙」「Eメール」「広告文」などの定型文の形式を熟知しておくことが、 Part VIIの「時間の壁」を打破する戦略となります。

 

TOEIC650

 

体験談/受講生の声
TOEIC650

 

TOEIC650

 

 

カリキュラム

TOEIC650

直解
トレーニング
2W
トレーニング
定型文
トレーニング
Weekend TOEIC
Vol. 初日 2日目 3日目 4日目 5日目
1 1 ドライブ 食事 ショッピング レンタカーの広告

 

 

 

 

 

 

 

ミニテスト

2 企業経営 会社組織 備品・事務機器 発注書
3 販売 交渉・契約 出張・パーティ 出張計画書
4 電話・予約 交通機関 旅行 時刻表
2 1 天候 美容・健康 賃貸・不動産 不動産の広告
2 人材募集 面接・採用 昇進・異動 履歴書
3 告知 手紙・Eメール 社内行事 Eメール
4 税金 景気・株式 公共サービス 納税通知書
3 1 掃除 洗濯 料理 新聞記事
2 会議 予算・投資 研究 株価変動表
3 製造 見本市 出荷・輸送 規則集
4 医療 教育 行政・法律 薬の使用説明書
4 1 テレビ 映画・音楽 美術・演劇 テレビ番組案内
2 企画 発表 商品開発 取扱説明書
3 テクノロジー コンピュータ インターネット プロバイダーの広告
4 銀行 保険 環境・ボランティア 口座明細書

 

提供企業

セミナー 実績

 

 


このページの先頭へ戻る