NBLAekisupa

機械の電気保全実務講座

NBLAekisupa

2級技能検定試験合格のための講座です。
●職業技能開発協会の主催する技能検定試験「機械保全(電気系保全作業)」2級試験に合格できる実力が身につきます。
●故障発見の手順や故障診断、早期対応など、保全技術の基礎が具体例とともに身につきます。
●系統立てたメンテナンスができる実力が身につきます。

NBLAekisupa

学習期間 3 か月
受講料 個人・法人受講料:16,200円
教材・テスト形式 テキスト3冊/テスト3回  テスト形式:郵送のみ

●この講座は、郵送によるテストの提出と添削の返却です。

 

講座一覧

 

講座概要

現在の生産現場で働くオペレータの方々にとって、保全技術の習得は必須のものとなっています。「自分で扱う機械の保全は自分でやるのがあたりまえ」という考え方を持つオペレータの方々にとって、設備/機械の正しい操作、点検、マシントラブルの故障箇所と原因の早期発見等の課題は、日常業務の中で常に頭をなやます問題のひとつであるといえます。

 

本講座は、向学心あふれる現場の初級オペレータの方を対象に、身のまわりの生産設備をとりまく電気に関する故障診断や部品交換などトラブルの早期対応を可能にさせるための基礎知識をわかりやすく解説します。また、94年度秋より実施された技能検定試験「機械保全(電気系保全作業)」2級に合格できるだけの実力を養成します。

 

講座の特長

[改訂のポイント]
●単位系やシーケンス記号の古い記述をすべて更新しました。
●テスター、タイマー、センサ等の掲載写真を新機種のものに差換え、それに伴う記述を加筆・修正しました。
●トラブル事例、図・表等を新しいものに差換えました。
●受講生からの質問が多かった箇所を分かりやすい表現に書き直しました。

 

到達目標

●職業技能開発協会の主催する技能検定試験「機械保全(電気系保全作業)」2級試験に合格できる実力が身につきます。
●故障発見の手順や故障診断、早期対応など、保全技術の基礎が具体例とともに身につきます。
●系統立てたメンテナンスができる実力が身につきます。

 

受講対象

●生産現場で働くすべてのオペレータの方。
●普通高校卒業程度の知識があり、現場経験が2年程度ある方。
●とくに前提となる知識は必要ありません。

 

テキスト概要

1. 故障発見の基本

1.電機の基礎知識
2.シーケンス回路の見方
3.電気保全
4.演習問題

電気部品のトラブルに対応するためには、まず電気の知識が必要になる。第1分冊では、テスタによる電圧、抵抗、導通測定などを通して、トラブル対策に必要な電気の基礎知識を学習するとともに、実技試験に準拠した制御盤内の回路点検まで、電気の故障発見に関する基礎的な事項を解説する。

 

2. シーケンス回路の故障

1.アクチュエータとその故障
2.センサとその故障
3.シーケンサの知識とメンテナンス
4.演習問題

メカトロ化で最も重要な要素となっているセンサについて、その種類や使い方、故障とその現れ方などについて学習する。また工場で一般的になっているPCをとりあげ、基本構成、内部構成、センサとのつなぎ方など、シーケンスやその周辺機器の故障原因と対策について解説する。

 

3. メカニズムの故障/油・空圧の故障

1.機械要素と機構
2.材料と機械故障
3.油・空圧のメンテナンス
4.演習問題

主な機械要素の構造と機能、そのメンテナンスからはじめ、事故防止に必要な知識として材料力学について解説する。また油圧回路システム、空気圧回路システムのメンテナンスについても解説する。

 

NBLAekisupa受講生の声

● なかなか機械保全の本は書店では手に入らないため、このような実用的な内容のテキストはおもしろかった。
● 故障発見や保全技術について基礎から勉強できた。今更、人に聞けない事なども改めて勉強できた。
● わかり易く説明されていて、よくわかりました。テストの出題の仕方も良かったと思います。
● 電気の基礎の基礎が理解に結び付けられて、よい内容であった。
● 職場では古い設備があり、また、新しい設備があり、使用している部品や構造が基本は同じであることがテキストを通じて知りました。

 

提供会社

NBLAekisupa

轄H学研究社

 

 


このページの先頭へ戻る