このご案内は、日刊工業新聞社が主催または共催・後援した展示会にご来場・
ご出展・ご出展検討または事務局関係者とお名刺交換させていただいた方、
セミナー等に登録・参加された方、商品をお買い上げになった方などに
お送りしております。
この場をお借りしまして、ご登録いただきましたことを厚く御礼申し上げます。
配信先の変更・停止をご希望の場合は、末尾をご参照ください。
---------------------------------------------------------------------

 

◆◆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

ビジネスに役立つ「無料経営レポート」、「経営セミナー情報」が充実!
『日刊工業新聞BLAエキスパートクラブ』 エキスパートクラブNEWS  VOL.160 

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓◆◆2018.4月25日号◆◆
http://www.kibanken.jp/nikkanbla/expert/

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<Index> 

【1】セミナー情報 
【2】無料レポート情報
【3】今日の経営ヒント 「新着ビジネスコラム」
【4】補助金・助成金募集情報 〜貰える物は貰うが吉!〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
【1】セミナー情報
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【無料ご招待】
 5月10日木曜18:00〜20:00
 引退したい社長様の重荷を軽くする「経営者保障ガイドライン」を
 活用した事業承継を解説

 

 講師
 大西 雄太/大西綜合法律事務所 
 本セミナーの詳細はこちら
 → http://www.kibanken.jp/nikkanbla/expert/seminer/boshu/entry1257.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【開催日】 5月15日、7月18日 13:30〜16:30
////////////////////////////////////////////////////////////////
 粗利50%を実現する新商品・新事業のためのキラー技術5大戦略
 (日刊工業エキスパートだけの2万円割引券付き)
////////////////////////////////////////////////////////////////
 新商品、新事業を創出して、自社の高収益化を図りたい経営者は、

 

 ・顧客の要求を上手く実現する技術開発をすれば新商品ができる。
 ・顧客密着な開発のやり方を実践させれば新商品が出来る。
 ・トレンドに沿ったテーマを自社内に取り込めば新事業ができる。
 ・営業を頑張れば新しい案件が取れる。

 

 といった言説を安易に信じないことです。
 迷える経営者に断言します!

 

 ・顧客の要望を聞いたところで独自性の高い商品など作れるはずがない。
 ・顧客の要望を実現しても、高い粗利が稼げるはずがない。

 

 数多の技術企業のコンサルタントとして断言できることは、
 独自性は顧客ニーズからは出てこないということです。

 

このセミナーは、数多の技術企業の新商品・新事業を成功させてきた
コンサルタントが、新商品開発の核となるキラー技術の創出を仕組み化し、
仕組みによって新商品・新事業開発に成功するノウハウを公開するものです。

 

【エキスパートクラブだけの割引券】
このメールだけの割引券はこちらです。
(メール・FAXによる申し込み)
https://innovest.jp/wp/wp-content/uploads/2018/04/1804nbla.pdf

 

【セミナー案内】
https://innovest.jp/event/

 

講師 中村大介/株式会社如水
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【随時開催】
研究開発部門向けメールセミナー

 

講師 中村大介/株式会社如水

 

研究開発者向けメールセミナー
https://innovest.jp/mailseminar2/
技術企業の高収益化メールセミナー
https://innovest.jp/nich_top_mail_seminar2/
知財教育メールセミナー
https://innovest.jp/ipedulp2/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
【2】無料レポート情報
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
注目の「無料経営レポート」進呈中!!
 ⇒【一覧はこちら】 http://www.kibanken.jp/nikkanbla/expert/category14/

 

 

NBLAエキスパート達が、その経営改善ノウハウをまとめ執筆したものが
「無料経営経営レポート」です。
NBLAエキスパートが、多くの実践を通じて体系化した、ノウハウを
あなたにこっそりお教えします。
一般の書籍では書けないようなノウハウや事例が満載です。
ぜひ、以下のレポートをご請求いただき、
日々の経営課題や問題解決にお役立てください。
2011年10月に本サービスを開始して以来、既に延べ6,000社以上の企業様から
ご請求をいただいております。

 

     ↓              ↓
◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【無料レポート】
「ものづくり補助金による経営力向上実現の3つのポイント」
----------------------------------------------------------------------
高橋昌弘/オーポンコンサルティング合同会社
http://www.kibanken.jp/nikkanbla/expert/category14/category31/entry1248.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆
◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【無料レポート】
合弁会社・ジョイントベンチャー設立の基本
〜海外進出にあたって現地法人との提携を検討する前に〜
----------------------------------------------------------------------
山口智寛/リソルテ総合法律事務所 
本レポートでは、これから合弁会社を設立しようとしている企業や、
海外での合弁事業に関心を持っている企業が、

安心して合弁会社の設立準備を進めることができるための道案内として、
合弁事業にはどのような法的リスクがあり、
それに対してどのように対応すれば良いのかを整理しました。
→本レポートの詳細はコチラ
http://www.kibanken.jp/nikkanbla/expert/category14/category26/entry1244.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
台湾進出の前に知っておくべきこと −法的リスクとその対応方法−
----------------------------------------------------------------------
山口智寛/リソルテ総合法律事務所 
台湾は「身近な外国」として、日本企業にとって最も進出しやすい国の一つです。
しかし、いくら台湾が馴染みやすいとは言っても、そこは外国です。
安易にビジネス展開して、思わぬトラブルに巻き込まれたり、多大な損害を
被ったりする可能性は否定できません。
→本レポートの詳細はコチラ
http://www.kibanken.jp/nikkanbla/expert/category14/category31/entry1188.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【無料レポート】
FRPを産業活用するために必須の書類である材料規格(Material Spec)
----------------------------------------------------------------------
吉田州一郎/FRPコンサルタント
歴史だけ見ればそれなりの長さがあるFRPだが、
ここ近年の適用事例拡大と要件の高度化(特に、高温環境使用や長期使用要件 等)
に伴う材料の高性能化、多様化が進む一方で圧倒的に認知と運用が遅れているのが
「材料規格」、いわゆる Material Spec とよばれるものである。

 

材料仕様書ともいわれるこの書類に関しては内容をきちんと
理解して作成できる人物が世界的にみても極めて限られていること、そして
何より金属材料を基本とした慣習によって存在の必要性さえ理解されない
ケースも多々あることから、ここで今一度その必要性について述べてみたい。

 

http://www.kibanken.jp/nikkanbla/expert/category14/category58/entry1238.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆
◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【無料レポート】
失敗しないシステム構築のコツ「見積もりシステム構築のポイント」
----------------------------------------------------------------------
間館正義/日本コストプランニング株式会社

 

多額の投資をして構築したシステムが、
「思うように稼働できない」、「最初だけで使わなくなってしまった」
などシステム導入が失敗に終わってしまったという話をよく聞きます。
製造業においてはシステム導入この代表例として、生産管理システムがあります・・・。
→本レポートの詳細はコチラ
http://www.kibanken.jp/nikkanbla/expert/category62/madate/entry1233.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「コストダウンが進まない理由とコストテーブルの活かし方」
間館正義/日本コストプランニング株式会社 
----------------------------------------------------------------------
本レポートでは、コストダウンが進まない理由と
コストテーブルを使ったコストダウンのポイントについて紹介します。
→本レポートの詳細はコチラ
http://www.kibanken.jp/nikkanbla/expert/category14/category25/entry1197.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
簡易加工品見積ソフト「切削Cost Table」のご案内

間館正義の「【実践コストダウン】道場」
----------------------------------------------------------------------
間館正義/日本コストプランニング株式会社

 

【無料デモ版配布中】
切断加工、溶断加工、旋盤加工、フライス加工、ボール盤加工に限定した
見積ソフト「切削コストテーブル」
この度、機械加工の中で切断加工、溶断加工、旋盤加工、フライス加工、
ボール盤加工に限定した見積ソフト「切削コストテーブル」を販売します。
一般的な加工部品の見積に活用していただけます。
また、コストテーブル手法を理解していただくために
期間限定でデモ版を無料配布することにしました。
→詳細はこちら
http://www.kibanken.jp/nikkanbla/expert/category62/madate/entry1198.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「マテリアルフローコスト会計によるコストダウンの進め方」
間館正義/日本コストプランニング株式会社
----------------------------------------------------------------------
環境会計の中のマテリアルフローコスト会計(MFCA)と
経済性を追求するコストダウンの進め方について紹介します。

→本レポートの詳細はコチラ
http://www.kibanken.jp/nikkanbla/expert/category14/category25/entry1118.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「生産管理システムとコストダウン」
間館正義/日本コストプランニング株式会社
----------------------------------------------------------------------
生産管理ソフト導入企業が増える一方で、
経営幹部の方から生産管理ソフトをうまく活用できない、
効果的な運用を進めるためにどのようにすべきかという相談が増えてきました…
→本レポートの詳細はコチラ
http://www.kibanken.jp/nikkanbla/expert/category14/category25/entry1104.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
習熟曲線効果からみるコストダウンの着眼点
間館正義/日本コストプランニング株式会社
----------------------------------------------------------------------
習熟曲線は、業務処理や作業の習熟のことですが、それ以外の要因も加わっての結果です。

本レポートでは、習熟曲線の効果とそのためのコストダウンの着眼点を紹介します
→本レポートの詳細はコチラ
http://www.kibanken.jp/nikkanbla/expert/category14/category25/entry1094.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コスト・ベンチマーキングのポイント
間館正義/日本コストプランニング株式会社
----------------------------------------------------------------------
コスト・ベンチマーキングでは、製品コストを対象に自社と他社の優れた実行方法を
比較し、自社のコスト競争力を高めることです。
本レポートでは、このコスト・ベンチマーキングにおけるポイントを解説します。
→本レポートの詳細はコチラ
http://www.kibanken.jp/nikkanbla/expert/category14/category25/entry1136.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
加工見積ソフト「機械加工・板金加工の動画ご紹介」
間館正義/日本コストプランニング株式会社 
----------------------------------------------------------------------

→ 本動画の詳細はコチラ
http://www.kibanken.jp/nikkanbla/expert/category62/madate/entry1125.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆
◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【決算書作成時のワンポイント・チェック】
坂林弘文/坂林公認会計士事務所
----------------------------------------------------------------------
金融機関からの融資を受けるに際しては最も大切な資料は決算書です。
今回は金融機関からの融資を好条件に導く決算書作成時の
「ワンポイント・チェック」をご紹介します。
→本レポートの詳細はコチラ
http://www.kibanken.jp/nikkanbla/expert/category14/category26/entry1075.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【金融機関との融資交渉術〜交渉ポイントを1点に絞る】
坂林弘文/坂林公認会計士事務所
----------------------------------------------------------------------

金融機関との交渉を有利に進めるうえでは、金融機関が融資先の
「判断基準は何か」ポイントを知っておく必要があります。
本レポートは金融機関がどのような融資先に「好条件の融資」を
行っているかを記載しました。
→本レポートの詳細はコチラ
http://www.kibanken.jp/nikkanbla/expert/category14/category26/entry1065.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆
◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「経営診断無料ご相談」
澤田和明/株式会社 コンサルティング・ネットワーク
----------------------------------------------------------------------
資金繰りが苦しくなってきたら・・・。
まずは何から手をつけるべきか?お気軽にご相談ください。
→無料診断の詳細はコチラ
http://www.kibanken.jp/nikkanbla/expert/category14/category31/cnc_advise.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆特別レポート無料贈呈中!
7つの成功・失敗事例から学ぶ事業承継・M&Aのポイント

 

・事業承継の手段としての、M&Aのメリットが具体的にイメージできます。
・会社の規模や売上の大小にかかわらず、M&Aができることが分かります。
・様々な具体例を知ることで、自社がM&Aをする場合の重要ポイントが分かります。
お申し込みはこちら
http://jms-support.jp/contact/#contact_link
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

       ■その他にも経営のヒントがいっぱい!■
          無料経営レポート一覧はこちら!
    ⇒ http://www.kibanken.jp/nikkanbla/expert/category14/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
【3】今日の経営ヒント 「新着ビジネスコラム」
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
実力派コンサルタントや士業のご専門家等による、日々の企業活動に
  活かせるヒントが満載のコラムです。
◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新着コラム「顧客要望対応では減益になる」
----------------------------------------------------------------------
中村大介/株式会社如水
http://www.kibanken.jp/nikkanbla/expert/category62/category112/entry1255.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コラム「知財力が低いのではない、技術力が低いのだ」
中村大介/株式会社如水
http://www.kibanken.jp/nikkanbla/expert/category62/category112/entry1253.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆
◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コラム「システムは魔法の杖ではない!」
----------------------------------------------------------------------
間館正義の「【実践コストダウン】道場」
間館正義/日本コストプランニング株式会社 
http://www.kibanken.jp/nikkanbla/expert/category62/madate/entry1232.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆
○●○●○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<>
モノづくり現場に若者を呼び込むため、
【現場で働くヒトの魅力】にフォーカスした求人サイトを始めました<>

 

■3Kな職場のハズなのに…20代、30代の若手が【目を輝かせて働く】鋳造メーカー
 株式会社ハイキャスト
 http://kibanken.jp/genba/?p=22

 

■お客様と一緒に手さぐりで解決法を探し続ける。そんな仕事です。
 日本濾水機株式会社
 http://kibanken.jp/genba/?p=27

 

〜ものづくり現場のリアルな働く姿を伝える【ゲンバのシゴト】〜
ただいま試験公開中。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○●○●○

 

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
【4】補助金・助成金募集情報 〜貰える物は貰うが吉!〜 
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
http://www.kibanken.jp/nikkanbla/expert/category55/category57/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

ただ今当社では、今月末に迫った、ものづくり補助金の申請支援に
全力を挙げて取り組んでおります。

 

そのため、今回と次回は個別補助金情報のみになります。
ご相談等への対応も、基本的には来月になってからになってしまうかと思います。
誠に申し訳ございませんが、どうかご了承ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
全国対象の【厳選】お勧め補助金
詳しくはこちらをクリック!
https://www.ss-kk.co.jp/osusume/zenkoku/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■中小企業向けの代表的な開発系補助金です。
製品化につながる研究開発とその成果の販路開拓を、一貫して3年間にわたり
支援してもらえます。

 

平成30年度「戦略的基盤技術高度化支援事業」
(通称:サポイン)
https://www.ss-kk.co.jp/osusume/zenkoku/h30suppoin/

 

対象:全国
提供/事務局:中小企業庁
上限額:9,750万円(初年度:4,500万円 2年度:3,000万円 3年度:2,250万円)
補助率:2/3
公募期間:平成30年3月16日から5月22日まで
事業期間:2年度または3年度

 

▼ 研究機関との連携が必要です。(当社は大学等との連携コーディネートも得意です。
よろしければご相談ください。)

 

▼ 大企業も、共同体に入ることが可能です。ただし、補助金額の2/3以上を
中小企業が受け取る必要があります。

 

▼ 「事業管理機関(国との総合的な連絡窓口・事業の責任者)」の設置が
必須となっていますが、自身が「事業管理機関」となった方が、圧倒的に
メリットも大きいです。当社では、その場合のノウハウも提供可能です。
ぜひご相談ください。

 

 

■■中堅・中小企業が、大学や公的研究機関等の「橋渡し研究機関」等と
共同で取り組む、革新的な技術シーズを事業化に結びつける実用化開発を
支援してくれる補助金です。

 

平成30年度「中堅・中小企業への橋渡し研究開発促進事業」
https://www.ss-kk.co.jp/osusume/zenkoku/h30hashiwatashi/

 

対象:全国
提供/事務局:経済産業省/NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)
上限額:1億円
補助率:2/3
公募期間:平成30年3月16日から5月10日まで
事業期間:平成30年7月下旬(予定)から平成32年2月28日まで

 

▼ 新規性・革新性の高い実用化開発で、補助事業期間終了後、
3年以内に実用化が可能な計画の事業が対象です。

 

▼ 中小企業だけでなく、中堅企業(売上高1,000億円未満または
従業員1,000人未満、みなし大企業は除く)も利用が可能です。
ベンチャー企業が対象として想定されているので、設立10年以内の企業は有利です。

 

▼ 連携予定の大学や公的研究機関等が「橋渡し研究機関」として
「確認」(認定の意味)されているかを、最初に確かめる必要があります。
「確認」されていない場合は、補助金の申請と並行して、大学や
公的研究機関等が「橋渡し研究機関」の申請をするといった形でも
申請可能です。ただし、大学等は動きが遅いため、時間的余裕をもって
取り組む必要があります。

 

▼ 産学連携では文部科学省の補助金が有名ですが、研究開発のシーズを
大学が持っていることが条件です。一方こちらの補助金は、技術シーズは
企業であっても構わない点で、使い勝手が良くなっています。

 

▼ 今回の公募から、地域未来投資促進法による支援メニューのひとつと
なっています。申請事業内容が、地域未来投資促進法に基づき
都道府県知事等から承認を受けた地域牽引事業計画をベースとする
事業であるとかなり有利になるでしょう。

 

■■シード期の研究開発型ベンチャーを支援してくれる補助金です。

 

平成30年度「研究開発型ベンチャー支援事業/シード期の研究開発型
ベンチャーに対する事業化支援」
https://www.ss-kk.co.jp/osusume/zenkoku/h30seedki/

 

対象:全国
提供/事務局:経済産業省/NEDO (新エネルギー・産業技術総合開発機構)
上限額:7,000万円
補助率:2/3
公募期間:平成30年3月19日から5月7日まで
事業期間:交付決定日(7月初旬予定)から最大1.5年以内

 

▼ 中小企業(みなし大企業は除く)が対象です。

 

▼ 具体的な技術シーズを活用し、研究開発要素があることが想定される事業が
対象です。技術的要素が薄いものや、既存製品を利用しただけのものについては
対象外となっています。

 

▼ NEDOが認定したベンチャー・キャピタル(VC)による出資を得る必要が
あります。対象経費の1/3以上を認定VCが出資し、残りの2/3が補助金で
交付される形になります。申請条件のハードルが高いので、申請した後の倍率は
比較的低く、1.5から2倍程度となっています。

 

▼ 認定VCとの事前の折衝が必須です。VCでの審査は、かなりの時間が
かかりますので、早めの準備・行動が必要です。また、VCの審査と
補助金の審査では、基準が全く異なります。VCの審査は、将来の
株式公開(上場)ができるかどうかを見ます。どうなれば上場できるのか、
よく研究しましょう。

 

▼ ベンチャー・キャピタル出身者が多数在籍しております当社にぜひご相談下さい。

 

 

■■中小企業等(ベンチャー企業を含む)が保有している、
再生可能エネルギー分野の潜在的技術シーズを基にした技術開発を支援してもらえます。

 

平成30年度「ベンチャー企業等による新エネルギー技術革新支援事業」
https://www.ss-kk.co.jp/osusume/zenkoku/h30ventureshinene/

 

対象:全国
提供/事務局:資源エネルギー庁/NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)
上限額:1,000万円から3億円(フェーズによる)
補助率:2/3から1/1(フェーズによる)
公募期間:平成30年4月12日から5月24日まで
事業期間:1から2年(フェーズによる)

 

▼ 中小企業が対象です。みなし大企業は不可ですが、みなし大企業のうち、
ベンチャー企業は対象として認められています。

 

▼ 対象技術分野
(1)太陽光発電、風力発電、水力発電、地熱発電、バイオマス利用、
太陽熱利用、その他の未利用エネルギー分野
(2)再生可能エネルギーの普及、エネルギー源の多様化に資する新規技術
  (燃料電池、蓄電池、エネルギーマネジメントシステム等)

 

▼ 技術開発のステップによって、4つのフェーズが設けられ、
上限額や補助率、要件もそれぞれ異なります。どのフェーズからでも応募可能です。
フェーズA:フィージビリティ・スタディ 1,000万円 1/1(委託) 1年以内
フェーズB:基盤研究          5,000万円 1/1(委託) 1年程度
フェーズC:実用化研究開発       5,000万円 2/3     1年程度
フェーズD:大規模実証研究開発     3億円 定額      1から2年程度

 

▼ 平成29年度は、申請された122件のうち46件が採択され、採択率は
37.7%となっています(第1回と第2回の合計)。

 

 

■■防衛分野にも応用可能な、先進的な技術の基礎研究を対象とした委託事業です。

 

平成30年度「安全保障技術研究推進制度」
https://www.ss-kk.co.jp/osusume/zenkoku/h30anzenkenkyu/

 

対象:全国
提供/事務局:防衛装備庁
上限額:S 20億円/5年、A 3,900万円×3年、C 1,300万円×3年
補助率:委託(1/1)
公募期間:平成30年3月20日から5月31日まで
事業期間:S 平成30年12月頃から平成35年3月まで
    A・C 平成30年10月頃から平成33年3月まで

 

▼ 防衛装備品そのものの研究開発ではなく、将来の防衛分野の研究開発に
応用できる可能性のある萌芽的な技術の研究が対象です。

 

▼ 防衛省の事業ですが、研究成果の公表を制限されることも、研究内容に
介入されることもありません。ただし、「防衛分野の研究開発に
応用できる可能性があるか」という視点での審査になります。

 

▼ 平成30年度の公募では、具体的な研究テーマが28件提示されました。
その中から1つを選んで申請するので、まずは、合致するテーマがあるか
どうかが、最初の関門です。

 

▼ 大規模研究課題(タイプS)と小規模研究課題(タイプA、タイプC)に
分かれています(前回までのタイプBは廃止されました)。
・タイプS:20億円/5年、5年間の複数年度契約(最大5年度)
・タイプA:3,900万円×3年、年度毎の契約(最大3年度)
・タイプC:1,300万円×3年、年度毎の契約(最大3年度)

 

▼ 独創的な着想に基づく提案を募るために今回新設されたタイプCでは、
タイプAとは異なり、研究の準備状況や実施体制等よりも、アイデアや
提案者の研究能力が重視され、審査・採択もタイプAと区別しておこなわれます。
中小企業・ベンチャー企業が狙うならこのタイプと言えるでしょう。

 

▼ 基礎研究が対象ですので中小企業には敷居が高いですが、大学などの
研究機関に代表機関・代表研究者になってもらい、共同研究者として
参画する方法もあります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東京都対象の【厳選】お勧め補助金

 

詳しくはこちらをクリック!
https://www.ss-kk.co.jp/osusume/tokyo/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

■■すべての業種を対象に、中小企業の最新機械設備の導入を支援してくれる補助金です。

 

「革新的事業展開設備投資支援事業」
https://www.ss-kk.co.jp/osusume/tokyo/kakushinjigyou/

 

対象:東京都
提供/事務局:東京都/東京都中小企業振興公社
上限額:1億円
補助率:2/3
予約期間:第3回 平成30年5月10日から25日まで
提出期間:第3回 平成30年6月4日から12日まで
事業期間:平成30年10月1日から平成31年9月30日まで

 

▼ 基本的には、東京都内に本店または支店のある中小企業の、都内への
設備設置が対象ですが、以下の2点を満たした場合は、都外への設置も可能です。
(1)都内に本店がある。
(2)神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県、山梨県のいずれかに設置。

 

▼ すべての業種の中小企業の設備投資(最新機械設備の導入)を対象とした補助金です。
設備投資に使える補助金はそう多くはない中で、2/3(競争力強化タイプは1/2)が
1億円まで補助される、大変魅力的な補助金です。東京都内および関東近県
(神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県、山梨県)に
大型の設備投資をお考えなら、絶対に外せないでしょう。

 

▼ 「競争力強化」と「成長産業分野」に加え、今回から新しく「IoT・ロボット活用」のタイプが新設されました。

 

(1)競争力強化:1億円 1/2(中小企業) 3,000万円 2/3(小規模企業)
   更なる発展に向けて競争力強化を目指した事業展開に必要となる最新機械設備を
新たに購入する事業

 

(2)成長産業分野:1億円 2/3
   成長産業分野(医療・健康・福祉、環境・エネルギー、危機管理、
航空機・宇宙、ロボット、自動車)の「支援テーマ」に合致した事業展開に
必要となる最新機械設備を新たに購入する事業

 

(3)IoT・ロボット活用:1億円 2/3
   更なる発展に向けて「生産性向上」を目指した事業展開に必要となる
最新機械設備を新たに購入する事業
   (従業員一人当たりの付加価値額を3から5年後の間のいずれかで
年率3%以上向上させる計画であることが必要です。)

 

▼ 「成長産業等設備投資特別支援助成事業」の後継補助金ですが、交付決定の前に
契約(発注)した物は補助対象経費として認められなくなりました。ご注意ください。

 

▼ 採択されるためには、その設備を導入することによって会社全体として
どのような事業計画を描いて行くのかを、申請書で訴えることが重要です。
また、自社が伸びるのは当然のこと、都内経済への波及効果なども評価対象となっています。

 

▼ 第1回は90件、第2回は75件が採択されている大型補助金です。

 

 

 

■■東京発の新しいサービス事業モデルの創出と早期の事業化を
支援してくれる補助金です。

 

平成30年度「革新的サービスの事業化支援事業」
https://www.ss-kk.co.jp/osusume/tokyo/h30kakushinservice/

 

対象:東京都
提供/事務局:東京都/東京都中小企業振興公社
上限額:2,000万円/2年
補助率:1/2
予約期間:第1回 平成30年4月19日から5月21日まで
     第2回 平成30年8月上旬から9月中旬頃まで
申請期間:第1回 平成30年5月28日から6月1日まで
事業期間:第1回 平成30年9月1日から平成32年8月31日まで(2年)
    第2回 平成31年1月1日から平成32年12月31日まで(2年)(予想)

 

▼ 東京都の補助金ですが、本社が東京都なら、近県
(神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県、山梨県)は、
事業実施場所として認められる可能性があります。

 

▼ 数少ないサービス業向けの補助金の一つで、補助対象経費が幅広いのが
特徴です。サービス開発経費、人件費、販路開拓費まで含みます。ただし、
人件費に対する補助金は500万円までです。

 

▼ 対象となるのは、
・経営革新計画
・東京都の支援事業(指定あり)
・ビジネスプランコンテスト等(勇気ある経営大賞、日本サービス大賞等)
において認められた事業です。
この中で、比較的容易に取れるのは経営革新計画ですが、それでも最短で
2か月程度はかかります。この補助金は、8月に第2回公募が予定されているので、
今から経営革新等を取っておくのも一つの方法でしょう。
なお、「経営革新計画を取っていれば申請資格がある」のではありません。
『本補助金で申請する革新的サービスの内容で』経営革新計画を取っている
必要があります。他の申請資格でも同様です。ご注意ください。

 

▼ 対象が限定されているので、申請ハードルは高いですが、その分競争率は
下がります。狙い目と言えます。

 

▼ 当社では、経営革新計画の申請支援はもちろん、各種の賞やコンテストへの
応募の支援も行っております。ぜひご相談ください。

 

 

 

■■都市の防災力を高める優れた技術、製品等の実用化や普及促進を
支援してもらえる補助金です。

 

平成30年度「先進的防災技術実用化支援事業」
https://www.ss-kk.co.jp/osusume/tokyo/h30senshintekibousai/

 

対象:東京都
提供/事務局:東京都/東京都中小企業振興公社
上限額:1,350万円(ア、イ、ウ合計)
補助率:ア 2/3 イ・ウ 1/2
予約期間:平成30年4月9日から6月8日まで
申請期間:平成30年6月14日から20日まで
事業期間:平成30年10月1日から ア 平成32年6月30日まで イ・ウ 平成33年6月30日まで

 

▼ 自社で開発・製造した技術・製品等を持つ、都内の中小企業が対象です。

 

▼ 今年で5年目となる補助金ですが、意外と幅広く使え、お勧めです。

 

▼ 以下の申請分野から1つを選んで申請します。
・災害の未然防止
・被害の拡大防止
・救助・復旧・復興
・ 避難の円滑化、避難場所・生活の確保
自然災害に加えて、事故災害(大規模なもの)に対応する技術・製品等も対象となっています。

 

▼ 改良・実用化フェーズと普及促進フェーズがあり、改良・実用化フェーズの完了後に
普及促進フェーズへと進みます(普及促進フェーズのみの利用はできません)。

 

(1)改良・実用化フェーズ(必須)
   ア 実用化に要する改良経費:   1,000万円 2/3
(2)普及促進フェーズ(任意)
   イ 先導的ユーザーへの導入費用: 200万円(特例300万円) 1/2
   ウ 展示会出展・広告費助成限度額:150万円(特例250万円) 1/2

 

▼ 原材料・副資材費、機械装置・工具器具費、委託・外注費、産業財産権出願・導入費、
直接人件費、出展小間料、広告費等が幅広く補助されます。

 

▼ 普及促進フェーズでは先導的ユーザー(官庁や大手企業等)への導入費用も補助対象です。
ユーザーに販売する商品の原価が補助対象となる、貴重な補助金と言えます。

 

 

***********************************************************************
東京都以外の都道府県につきましても、対応しております。

 

▼ 当社は補助金活用のプロフェッショナルです。詳しくは、ホームページをご覧下さい。
http://www.ss-kk.co.jp/

 

▼ 補助金お知らせサービスのご登録はこちら
https://www.ss-kk.co.jp/oshirase/

 

▼ 補助金相談サービスのお申込みはこちら
https://www.ss-kk.co.jp/soudan/
***********************************************************************
東京都以外の都道府県につきましても、対応しております。

 

▼ 当社は補助金活用のプロフェッショナルです。
詳しくは、ホームページをご覧下さい。
http://www.ss-kk.co.jp/

 

▼ 補助金お知らせサービスのご登録はこちら
https://www.ss-kk.co.jp/oshirase/

 

▼ 補助金相談サービスのお申込みはこちら
https://www.ss-kk.co.jp/soudan/
***********************************************************************

 

***********************************************************************
成長戦略株式会社 URL http://www.ss-kk.co.jp/
発行責任者:代表取締役 小泉 昇
------------------------------------------------------------
本社
〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町3-3-9喜助新千代田ビル8階
TEL 03-3525-8153 FAX 03-3525-8154
------------------------------------------------------------
関西オフィス
〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル 9階923-1199号
TEL 06-7878-6971 FAX 06-7878-6961
Email info@ss-kk.co.jp 担当 関根
**********************************************************************

 

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
◆発行者
  日刊工業新聞社 業務局
  「日刊工業新聞BLAエキスパートクラブ」事務局
  〒103-8548 東京都中央区日本橋小網町14-1 FAX. 03-5644-7215
===========================================
◆感想・お問合せ、及び本メールマガジンの配信停止等は、下記まで。
  配信担当者 野寺 y.nodera@media.nikkan.co.jp
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
---------------------------------------------------------------------

 

※「エキスパートクラブNEWS」のみの配信停止を希望される方は、下記URLよりお願いします。
【ご注意!クリックすると配信停止処理が実行されます。】
 https://form.nikkan.co.jp/webapp/form/12272_aes_830/autocert.do?param=9dubsVbJOek4eHVcHd5pu19E&sid=465847

 

※今後、弊社からすべての配信停止を希望される方は、下記URLよりお願いします。
【ご注意!クリックすると配信停止処理が実行されます。】
 https://form.nikkan.co.jp/webapp/form/12272_aes_9/autocert.do?param=9dubsVbJOek4eHVcHd5pu19E&sid=465847

 

※アドレス、住所、会社名、部署等の変更をご希望の方は、お手数ですが
 下記のアドレスにお願い致します。
 アドレス変更の場合は、登録されたアドレスと変更希望アドレスの明記を
 お願いいたします。
 dbopr01@media.nikkan.co.jp

 

 メール配信停止及び変更等の作業が完了するまで、3〜7日を頂戴しております。
 行き違いの際には何卒ご容赦ください。

 

 

 

2018年4月上旬関連ページ

2018年3月上旬
「NBLAエキスパートクラブ」は、日刊工業新聞社主催の会員制ビジネススクール「日刊工業新聞ビジネスリーダーズアカデミー(NBLA)」が提供する、独立コンサルタントや士業専用の「顧客開拓支援サービス」です。日刊工業新聞社のサービス活用実績をお持ちの数万社に上る企業経営者等に、あなたのサービスをダイレクトに訴求できる環境に加え、様々なオプションサービスを提供しますので、効果的な顧客開拓と収益拡大が同時に実現できます。
2018年2月上旬
「NBLAエキスパートクラブ」は、日刊工業新聞社主催の会員制ビジネススクール「日刊工業新聞ビジネスリーダーズアカデミー(NBLA)」が提供する、独立コンサルタントや士業専用の「顧客開拓支援サービス」です。日刊工業新聞社のサービス活用実績をお持ちの数万社に上る企業経営者等に、あなたのサービスをダイレクトに訴求できる環境に加え、様々なオプションサービスを提供しますので、効果的な顧客開拓と収益拡大が同時に実現できます。
2017年 9月上旬
NBLAエキスパートクラブ2017年 9月上旬 メルマガ 「NBLAエキスパートクラブ」は、日刊工業新聞社主催の会員制ビジネススクール「日刊工業新聞ビジネスリーダーズアカデミー(NBLA)」が提供する、独立コンサルタントや士業専用の「顧客開拓支援サービス」です。日刊工業新聞社のサービス活用実績をお持ちの数万社に上る企業経営者等に、あなたのサービスをダイレクトに訴求できる環境に加え、様々なオプションサービスを提供しますので、効果的な顧客開拓と収益拡大が同時に実現できます。
2017年 8月下旬
NBLAエキスパートクラブ2015年 4月上旬 メルマガ 「NBLAエキスパートクラブ」は、日刊工業新聞社主催の会員制ビジネススクール「日刊工業新聞ビジネスリーダーズアカデミー(NBLA)」が提供する、独立コンサルタントや士業専用の「顧客開拓支援サービス」です。日刊工業新聞社のサービス活用実績をお持ちの数万社に上る企業経営者等に、あなたのサービスをダイレクトに訴求できる環境に加え、様々なオプションサービスを提供しますので、効果的な顧客開拓と収益拡大が同時に実現できます。
2017年 8月上旬
NBLAエキスパートクラブ2015年 4月上旬 メルマガ 「NBLAエキスパートクラブ」は、日刊工業新聞社主催の会員制ビジネススクール「日刊工業新聞ビジネスリーダーズアカデミー(NBLA)」が提供する、独立コンサルタントや士業専用の「顧客開拓支援サービス」です。日刊工業新聞社のサービス活用実績をお持ちの数万社に上る企業経営者等に、あなたのサービスをダイレクトに訴求できる環境に加え、様々なオプションサービスを提供しますので、効果的な顧客開拓と収益拡大が同時に実現できます。
2017年 7月上旬
NBLAエキスパートクラブ2015年 4月上旬 メルマガ 「NBLAエキスパートクラブ」は、日刊工業新聞社主催の会員制ビジネススクール「日刊工業新聞ビジネスリーダーズアカデミー(NBLA)」が提供する、独立コンサルタントや士業専用の「顧客開拓支援サービス」です。日刊工業新聞社のサービス活用実績をお持ちの数万社に上る企業経営者等に、あなたのサービスをダイレクトに訴求できる環境に加え、様々なオプションサービスを提供しますので、効果的な顧客開拓と収益拡大が同時に実現できます。
2017年 7月下旬
NBLAエキスパートクラブ2015年 4月上旬 メルマガ 「NBLAエキスパートクラブ」は、日刊工業新聞社主催の会員制ビジネススクール「日刊工業新聞ビジネスリーダーズアカデミー(NBLA)」が提供する、独立コンサルタントや士業専用の「顧客開拓支援サービス」です。日刊工業新聞社のサービス活用実績をお持ちの数万社に上る企業経営者等に、あなたのサービスをダイレクトに訴求できる環境に加え、様々なオプションサービスを提供しますので、効果的な顧客開拓と収益拡大が同時に実現できます。
2017年 6月上旬
NBLAエキスパートクラブ2015年 4月上旬 メルマガ 「NBLAエキスパートクラブ」は、日刊工業新聞社主催の会員制ビジネススクール「日刊工業新聞ビジネスリーダーズアカデミー(NBLA)」が提供する、独立コンサルタントや士業専用の「顧客開拓支援サービス」です。日刊工業新聞社のサービス活用実績をお持ちの数万社に上る企業経営者等に、あなたのサービスをダイレクトに訴求できる環境に加え、様々なオプションサービスを提供しますので、効果的な顧客開拓と収益拡大が同時に実現できます。
2017年 6月下旬
NBLAエキスパートクラブ2015年 4月上旬 メルマガ 「NBLAエキスパートクラブ」は、日刊工業新聞社主催の会員制ビジネススクール「日刊工業新聞ビジネスリーダーズアカデミー(NBLA)」が提供する、独立コンサルタントや士業専用の「顧客開拓支援サービス」です。日刊工業新聞社のサービス活用実績をお持ちの数万社に上る企業経営者等に、あなたのサービスをダイレクトに訴求できる環境に加え、様々なオプションサービスを提供しますので、効果的な顧客開拓と収益拡大が同時に実現できます。
2017年 5月上旬
NBLAエキスパートクラブ2015年 4月上旬 メルマガ 「NBLAエキスパートクラブ」は、日刊工業新聞社主催の会員制ビジネススクール「日刊工業新聞ビジネスリーダーズアカデミー(NBLA)」が提供する、独立コンサルタントや士業専用の「顧客開拓支援サービス」です。日刊工業新聞社のサービス活用実績をお持ちの数万社に上る企業経営者等に、あなたのサービスをダイレクトに訴求できる環境に加え、様々なオプションサービスを提供しますので、効果的な顧客開拓と収益拡大が同時に実現できます。
2017年 5月下旬
NBLAエキスパートクラブ2015年 4月上旬 メルマガ 「NBLAエキスパートクラブ」は、日刊工業新聞社主催の会員制ビジネススクール「日刊工業新聞ビジネスリーダーズアカデミー(NBLA)」が提供する、独立コンサルタントや士業専用の「顧客開拓支援サービス」です。日刊工業新聞社のサービス活用実績をお持ちの数万社に上る企業経営者等に、あなたのサービスをダイレクトに訴求できる環境に加え、様々なオプションサービスを提供しますので、効果的な顧客開拓と収益拡大が同時に実現できます。
2017年 4月上旬
NBLAエキスパートクラブ2015年 4月上旬 メルマガ 「NBLAエキスパートクラブ」は、日刊工業新聞社主催の会員制ビジネススクール「日刊工業新聞ビジネスリーダーズアカデミー(NBLA)」が提供する、独立コンサルタントや士業専用の「顧客開拓支援サービス」です。日刊工業新聞社のサービス活用実績をお持ちの数万社に上る企業経営者等に、あなたのサービスをダイレクトに訴求できる環境に加え、様々なオプションサービスを提供しますので、効果的な顧客開拓と収益拡大が同時に実現できます。
2017年 4月下旬
NBLAエキスパートクラブ2015年 4月上旬 メルマガ 「NBLAエキスパートクラブ」は、日刊工業新聞社主催の会員制ビジネススクール「日刊工業新聞ビジネスリーダーズアカデミー(NBLA)」が提供する、独立コンサルタントや士業専用の「顧客開拓支援サービス」です。日刊工業新聞社のサービス活用実績をお持ちの数万社に上る企業経営者等に、あなたのサービスをダイレクトに訴求できる環境に加え、様々なオプションサービスを提供しますので、効果的な顧客開拓と収益拡大が同時に実現できます。

このページの先頭へ戻る